最新電動スケボーおすすめ3選!今失敗しない選択は?【2019年版】

おすすめの電動スケボー3選 01 選び方

電動スケボーはまだまだマイナーな存在ですが、いざ購入しようとなると思いのほか選択肢が多いことに気が付きます。

特に最初の1台目を購入する頃は知識がないのも当たり前で、そんな中「どれを選べば損をしないか、失敗しないか」という問題はかなり大きなハードルとなって立ちはだかるはずです。

 

ですが、実は「失敗しない選択肢」となるとそれほど多くありません。

それくらい、電動スケボーには“アタリハズレ”があるんですよね・・・。

そこで、今回は電動スケボーにドハマりしている管理人が選ぶ「2019年おすすめモデル」を“3つだけ”ご紹介したいと思います。

今回紹介する3モデルの中に“ハズレ”はありません!

是非参考にしてみてください。

 

2019年におすすめの電動スケボーは選び方で3種類ある!

結論から言うと、管理人がおすすめする電動スケボーは次の通り。

  1. とにかく性能重視でスムーズな操作性を求めるなら【Backfire G2s】
  2. オフロードも走破可能な対応ステージの多さや乗り心地を求めるなら【Backfire Ranger X1】
  3. まるで普通のスケボーのようなスタイリッシュな外観を求めるなら【Teamgee H9】

上には上がありますが、国内ショップから購入可能でコスパに優れるモデルとなるとこうなります。

管理人は3台とも実際に所有していますが、求めるものがマッチすれば上記3台は自信を持っておすすめできます。

 

そして、過去の記事でも触れましたが、

  • 「迷ったら日本国内のショップから買う!」
  • 「いくら安くてもMAX20km/h程度しか出ないモデルは避ける!」

これらが失敗しないためのポイントです。

この辺りは時間があるときにこちらの記事も参考にしてみてください↓

 

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう!

 

1.コスパ最強の性能と操作性を重視するなら「Backfire G2s」がおすすめ!

おすすめの電動スケボー01 Backfire G2s

管理人のイチオシはこの「Backfire G2s」です。

「Backfire」というブランドは、第一世代モデルがデビューした当時は「数ある中華製電動スケボーの1つ」程度に考えられていました。

しかし昨今では有名な「Boosted」などと比べてもそん色のないレベルの製品を開発しており、しかも独自性も開拓しつつある、今最も勢いのあるブランドの一つに成長したと言えます。

正直まだBackfireをその他の中華製電動スケボーブランドと同じと考えている人はちょっと遅れています。

 

そんなBackfireの最新モデルでもあるこの「G2s」、爆発的な加速があるわけではありませんが、とにかく乗り味が最高!

加速だけを見ればG2sより優れるモデルはたくさんあり、例えば先のBoosted(2nd Gen以降)以外にもExway X1、KOOWHEEL 2GなどもG2s以上の鋭い加速を見せます。

しかしその差はわずかで、ドラッグレースでもしない限り気にならない程度の違いですし、コントロール性はG2sの圧勝。

キングピンナットの調整さえハマれば、時速40kmで走行中にクネクネと蛇行しても全然怖さがありません。

乗ったことがない人には是非一度この乗り味の良さを体験してほしい・・・。

 

また「G2」から「G2s」にバージョンアップしてブレーキがハンパじゃないくらい進化しました。

とにかくマイルドに止まるので、リモコン操作が苦手な人や単純に不器用な人でも、身体が放り出されることなく安心して減速することができます。

このブレーキのマイルドさは初心者が最も重視すべきポイントで、もちろん慣れてスピードを出せるようになった中~上級者にとっても重要な要素となります。

 

Backfire G2s ウィールサイズ2種

 

※左がBackfire G2sの96mmウィール、右が同80mmウィール

G2sにはウィールが2種類同梱されており、2通りの乗り味を楽しめるのも地味ですがありがたいポイント。

小径ウィールではクイックな乗り味を、大径ウィールでは高い走破性と安定感を得ることが可能です。

電動スケボーはそれなりの性能を求めるとまだまだ高額ですから、1台で2種類の乗り味を楽しめるという点は十二分にメリットとなります。

交換作業もウィール中央のナットを緩めるだけなのでお手軽です。

 

最高速度はおよそ40km/h、航続可能距離は最大でおよそ25km(スピードモードや体重、傾斜等によって変化)

 

Backfire G2sの詳しいレビューはこちら↓

 

2.走破性と乗り心地を重視するなら「Backfire Ranger X1」がおすすめ!

おすすめの電動スケボー02 Backfire Ranger X1

お次もBackfireの新作です。

オフロードでがっつり遊んでいるのでめちゃくちゃ汚れていますね(笑

 

Backfireというブランドの何が良いって、とにかくコストパフォーマンスが高いんですよね。

同価格帯のライバルの中では頭一つ抜けた性能を持っています。

このオフロードモデル「Ranger  X1」も実はコスパに優れる1台。

その価格はおよそ13万円と一見高額ですが、実はこれもライバルのオフロード対応モデルと比べると破格の安さなんです。

例えばオフロード対応の電動スケボーと言えばこれまでは「Evolve Skateboards」のGTシリーズが有名でしたが、一番安い「BAMBOO GT」ですら、ボード単体は日本円換算で約17万円。

これに送料や関税が加算され、最終的に20万円近くになってしまいます。

こうやって比較するとRanger X1がどれだけ良心的な価格設定かがわかりますが、本当にすごいのはこれだけの差額があるにも関わらず劣っている点が見当たらないということです。

むしろ勝る点が多数。

 

Ranger X1は165mmにも及ぶ超大径ウィールと「エアレスラバーウィール」を採用しており、ショック吸収と走破性に優れます。

G2sのウィールと比べるとその差は歴然↓

電動スケボー Backfire Ranger X1 & G2s 03

この超大径ウィールと柔軟な「ダブルキングピントラック」によって、でこぼこの原っぱや砂利道といったオフロードでの走行を思う存分楽しむことができます。

それだけでなく、舗装路における割れ目や段差、公園などでよく見かけるタイル状の路面までショックレスに難なく走行することが可能です。

「ダブルキングピントラック」は旋回性にも貢献しており、見た目以上によく曲がります。

このため舗装路における使い勝手も一般的な電動スケボーに負けていません。

日本では電動スケボーの公道走行は禁止されていますが、あらゆるステージを走破可能なRanger X1であれば遊べる場所を探すのも比較的簡単。

他の一般的な電動スケボーと比べるとやはり高額ですが、十二分に元が取れます。

最近ではキャンプ場でクルージングを楽しむ人もいるみたいですよ。

 

さすがにG2sほどのクイックさはありませんが、オールインワン的な使い方ができる万能電動スケボーです。

これまでの電動スケボーではできなかった遊びが楽しめるので、初心者にはもちろん、個人的には「既に電動スケボーを持っているけど、新しいモデルを買い足したい」という人にも強くおすすめしたい1台ですね。

 

最高速度はおよそ36km/h、航続可能距離は最大でおよそ35km(スピードモードや体重、傾斜等によって変化)

 

Backfire Ranger X1の詳しいレビューはこちら↓

 

3.電動スケボーっぽくない見た目を重視するなら「Teamgee H9」がおすすめ!

おすすめの電動スケボー03 Teamgee H9

最後に紹介するのは見た目がスタイリッシュな“バッテリー内蔵型電動スケボー”の最新モデル。

薄型でボードがフラットなバッテリー内蔵型電動スケボーといえば、これまでも「STARY」や「Exway X1」などが人気を集めてきましたが、Teamgee H9はこれらの“完全上位互換”と呼ぶにふさわしい存在です。

特にSTARYはネットでの評価が高いのですが、2019年現在はスペック的にも構造的にも明らかに時代遅れな1台なので、これから購入する人は注意してください。

 

Backfire G2s と Teamgee H9 ハウジングの比較

写真は手前がTeamgee H9、奥がBackfire G2s。

H9もさすがに電源ボタンや充電ケーブル接続部などは多少厚みがありますが、ハウジングの有無による外観の差は一目瞭然ですね。

 

正直な話、純粋な走りの性能や乗り心地、操作性などはBackfire G2sに一歩及びません。

しかし、これはH9がダメということではなく、むしろ「バッテリー内蔵型でよくここまで仕上げたな」という印象。

H9スマートさと性能を高い次元で両立していると感じます。

H9最大の武器は一見電動スケボーには見えないそのスマートさ。

「電動スケボーには乗りたいけど、“いかにも電動スケボーという見た目”がイヤ」という人に是非おすすめしたいですね。

他の選択肢がほとんどないということもありますが、2019年にバッテリー内蔵型の薄型電動スケボーを買うならこの「Teamgee H9」を選んでおけば間違いありません。

 

最高速度はおよそ40km/h、航続可能距離は最大でおよそ18km(スピードモードや体重、傾斜等によって変化)

 

Teamgee H9の詳しいレビューはこちら↓

 

まとめ│2019年におすすめの電動スケボー3モデルを簡単に比較

おすすめの電動スケボー3選 02

参考程度におすすめ3モデルを項目別に比較してみるとこんな感じ↓

  • 最高速 G2s≧H9>Ranger X1
  • 安定感 Ranger X1>G2s>H9
  • 小回り G2s>H9>Ranger X1
  • 登坂力 Ranger X1>H9>G2s
  • 走破性 Ranger X1>G2s>H9
  • 操作性 G2s>Ranger X1>H9
  • 軽さ  H9≧G2s>Ranger X1
  • 航続距離 Ranger X1>G2s>H9

 

最後にもう一度だけおすすめモデルをおさらい。

  1. とにかく性能重視でスムーズな操作性を求めるなら【Backfire G2s】
  2. オフロードも走破可能な対応ステージの多さや乗り心地を求めるなら【Backfire Ranger X1】
  3. まるで普通のスケボーのようなスタイリッシュな外観を求めるなら【Teamgee H9】

 

2019年に電動スケボーを買うならとりあえずこの3モデルから選べばOK!(2019年2月現在)

是非参考にしてみてください♪

 

それぞれの詳しいレビューはこちら↓

コメント