近年の250ccスポーツブームに至るまでの流れと人気の理由とは・・・

YZF-R25(2018) 歴史

引用元:フォトライブラリー::YZF-R3/YZF-R25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

 

先日現行250ccスポーツの比較とそれぞれの特徴をまとめてみました。

250ccスポーツ比較!CBR250RR・YZF-R25・Ninja250(2018)
新型Ninja250が発売されたので、改めて現行250ccスポーツの比較をしてみたいと思います。スペックからそれぞれが持つ個性的な装備まで、是非選択の参考にしてください♪

この中でも触れましたが、昨今の250ccスポーツモデルは本格的にスポーツ性能を追求し始めているようです。

250ccスポーツと言えば2スト全盛の頃のカッ飛んだマシンを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、そんな人の中には、純粋な速さがそのレベルに達していない今の250ccスポーツがなぜここまで人気なのか、その理由がわからないという人もいるかもしれませんね。

なぜ今250ccのスポーツモデルが注目されているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

近年の250ccスポーツブームに至るまで

250ccのスポーツモデルは一時期本当に元気がありませんでした。

2ストのレーサーレプリカが消え、マルチ(4気筒)の超高回転型マシンが消え、一時は「あれ?VTRしかなくね?」なんていう時期もありました(実際は他にもあったよ)。

そのVTRもマルチのホーネットやバリオスが現役の頃は明らかに数値的に見劣りするスペックで、当時は管理人も「これって女の人が乗るやつでしょ?」とか思っていました(馬鹿にしてすみませんでした。今では愛車です)

そうこうしているうちにヤマハ TW200(というかキムタク)から火のついたトラッカーブームや、ヤマハ マジェスティをはじめとするビッグスクーターブーム(こっちはシブタク?)なるものが訪れたりして、250ccにおけるスポーツモデルは大分影の薄い時期を過ごすことになりました。

管理人のその頃の愛車はヤマハのMAXAM。どっぷりブームに浸かってますね(笑

マグザムとの思い出。250ccビッグスクーターは魔法の絨毯だった。
今回はちょっと過去を振り返って、10年間そばにいてくれたかつての愛車「ヤマハ MAXAM(マグザム)」についてまとめてみたいと思います。もし中古で購入を検討している人がいれば、是非参考にしてください。

 

そんな250ccスポーツが再び元気を取り戻しているなんて、嬉しくて仕方のない人も多いでしょう。

しかし何をキッカケにここまで人気が再燃したのでしょうか。

 

ブームの先駆け、Ninja250Rの登場

 

Ninja250R

今の250ccスポーツブームの先駆けとなったのが、2008年に登場した「カワサキ Ninja250R」と言われています。

2008年前後と言えば思い起こすのは排ガス規制。

ヤマハのSR400ですら一時的にラインナップから落ちたほどです(ちなみに2017年9月にも再度生産終了しましたが、すぐに次期型の開発が公表されています)。

2017年はバイクの生産終了ラッシュ!モンキーにSR400も!?
2017年は「ホンダ モンキー」や「ヤマハ SR400」など、長年ラインナップされてきた多くのバイクが生産終了となりました。今回はこの生産終了ラッシュの理由と今回は実際に生産終了が発表された車種についてまとめてみました。

この排ガス規制をクリアするために、いくつかの車種はFI(フューエルインジェクション)化するなどの対策を取り、国内ではバイクの価格が上昇傾向にありました。

そこにタイ製でありながらも国内メーカーブランド、カワサキ製スポーツバイクが低価格で登場したのです。

この「初代250ccNinja」はもともと主に東南アジアの市場を視野に入れた世界戦略車という位置付けで、生産もタイで行われました(ちなみにこのNinja250Rの前身としてZZR250という車種が長らくラインナップされていましたが、Ninja250Rは更に廉価な価格設定でした)。

当然「お手軽な価格」「フルカウルのスポーティーな見た目」が若者にウケ、これが現在の「250ccスポーツブーム」のキッカケになったという見方が多いようです。

個人的には“Ninja”の名を関したことが大きかったというのもあると考えています。

 

この後ホンダがCBR250Rを、スズキがGSR250を発売するなどの追従を見せ、少しずつ市場は大きくなっていきました。

今思えば、この頃の250ccスポーツは見た目とは裏腹にややマイルドな味付けでしたね(特にGSR250は車体も大きく、ゆったりと乗るバイクだったように思います)。

 

先代Ninja250の大ヒットと本格的なブームの始まり

Ninja250(先代)

2012年、Ninja250Rの後継機として先代のNinja250がデビューします。

エンジン出力等に数値的な変更はなかったものの、内部構造の見直しやABSモデルの追加などの各種刷新が施され、なによりその見た目が更にスポーティーなものとなり、これもわずか3日で6000台(年間販売計画台数)を超えるほどの大ヒットとなりました。

この先代Ninja250の爆発的なヒットこそ、昨今の250ccスポーツブームの真の始まりだったと思います。

 

また順番は前後しますが、2015年から2017年まで単気筒版の「Ninja250SL」も発売されていました。

Ninja250SL

こちらは単気筒ならではの軽さと鋭い出足を活かしたスポーティーな乗り味が魅力的なマシンで、本格的なスポーツ走行を楽しむコアなライダーや、そのスリムなボディと価格の低さから250ccスポーツ入門者までと、幅広い層から支持されていたように感じます。

下手したらCBR250RRの半値くらいで乗り出せたのではないでしょうか・・・。

 

YZF-R25の登場とスポーツ性能の追求

YZF-R25

2014年、ついにヤマハ YZF-R25の国内販売が開始されます。

それまでのNinja250の「21kW(29ps)/9,700rpm」というスペックに対し、YZF-R25は「27kW(36PS)/12,000rpm」という、より高回転型でパワフルな特性を前面に押し出してきました。

もちろん見た目もスポーティー!

実は当時のNinja250はVTR「22kW(30ps)/10,500rpm」よりも低出力だったわけですから、あまりスペックは重視されていなかったように思います。

ところがこのYZF-R25の登場をきっかけに、250ccスポーツにも再びスポーツ性能や馬力などのスペックを追求する動きが目に見えるようになってきました。

 

この頃にはこれらのネイキッド版(ストリートファイターモデル)のZ250(カワサキ)やMT-25(ヤマハ)など、多くの250ccバイクが発売されることとなります。

ネイキッドなのにスペックはフルカウルモデルと同じなんて、羊の皮を被ったオオカミみたいですよね(どちらかと言うと脱いでるけど)。

 

CBR250RRが見せた250ccプレミアムスポーツの本気

CBR250RR

そして2017年、価格も装備もスペックも振り切ったホンダのプレミアム250ccスポーツ、CBR250RRがデビューしました。

数値だけでなくクラスを超えた装備を多数有するプレミアム感満載の一台で、70万円台後半からという価格設定にも関わらず爆発的なヒットを記録(発表後3日で年間販売計画台数をクリア)しました。

すでに最初にブームのきっかけとなった「低価格」という要素がなくなっているにも関わらずの大ヒットですから、実はこの250ccスポーツブームはYZF-R25の登場からこのCBR250RRの登場にかけて、ユーザーが求めるものが徐々に変化したちょっと特殊なブームなのかもしれませんね。

 

そして2018年にデビューする新型Ninja250もこれに追従する形でスポーツ性能を向上させています。

Ninja250 KRT Edition(2018)新型

250ccスポーツ比較!CBR250RR・YZF-R25・Ninja250(2018)
新型Ninja250が発売されたので、改めて現行250ccスポーツの比較をしてみたいと思います。スペックからそれぞれが持つ個性的な装備まで、是非選択の参考にしてください♪

 

今250ccスポーツが人気の理由

250ccという排気量は①車検が要らず、②自動車専用道路を走れて、③取り回しが楽というメリットを持ち、加えて免許や経済的な面でもお手軽に乗れるので、もともとブームが起こりやすいクラスと言えます。

 

昨今の250ccスポーツブームの理由を「2st全盛時代ほどではないにしろスポーツ要素が戻りつつあるから」と分析する人もいますが、管理人はそれだけではないと思っています。

もちろんYZF-R25やCBR250RRがヒットした理由とするなら頷けますが、このブームの先駆けと言われるNinja250Rや先代Ninja250はそれほどぶっ飛んだスポーツ性能は持っていなかったんですよね(逆に前身のZZR250の方が高出力だったほど)。

先述の通り直前にもトラッカーブームやビッグスクーターブームなどがあったことを考えると、250ccにおいてはそもそもスポーツ性能にこだわる人が少なかったのではないでしょうか(少なくとも当初は)。

そんなわけで、個人的には今250ccスポーツがウケているのは「単純にカッコ良いから」ではないかと考えています。

250ccにおいてはかつてのブームも性能より“おしゃれさ”がウケていますし、今回もそうであった可能性は高いと思います。

加えてタイやインドネシアを生産地とすることで価格が抑えられており、これまた「単純に手が出しやすいから」というのもあるでしょう。

現在の250ccスポーツモデルの購入層は10代~20代がほぼ半数を占めるそうで、2輪全体と比べると明らかに若者に人気があることがわかります。

となれば、よりライトな層も多く、スペックに対するこだわりが薄いのも納得できるのではないでしょうか。

 

加えてABSや各種電子制御、Ninja御用達の「Assist & Slipper Clutch」などによる安全性と操作性の進化が目覚ましい点、また特に昔ながらのバイクに慣れていない若い層にとっては多機能メーターも魅力的なはずです(VTRとかレブル250などと比べると表示機能に差がありすぎますよね。そういうバイクはそこが良いんですが 笑)

 

あとがき

新型Ninja250が価格を抑えつつスポーツ性能を前面に押し出してきたことで、250ccスポーツブームはまだまだヒートアップしていきそうな気がします。

YZF-R25もモデルチェンジの噂があり、スズキもGSX250Rよりスポーティーな「GSXR250」を出すのではないかという噂も絶えません。

少し前はこのまま過剰なスペック競争に突入するのではないかと少し不安でしたが、CBR250RRの成功を見るとまだまだ心配無用でしょうか(笑

今後も変わらず若者の心をつかみ続けられるのか、そして各メーカーの競争がどこまで激化するのか、本当に目が離せないジャンルですね。

今後の新型情報にも要注目です!

 

各画像引用元メーカーHP:本田技研工業株式会社

ヤマハ発動機株式会社

株式会社カワサキモータースジャパン

コメント