250ccスポーツ比較!CBR250RR・YZF-R25・Ninja250(2018)

250ccスポーツ フロントマスク比較 タイプ別バイク比較

以前東京モーターショー2017にてワールドプレミアとなった新型Ninja250についてまとめましたが、ついに2017年12月25日に正式に発売がアナウンスされました(実は以前から受注は受け付けていたようですが)。

合わせて新型Ninja250日本仕様車のスペックも判明しましたので、ここで改めて現行250ccスポーツの比較をしてみたいと思います。

過去の関連記事はこちら↓

今250ccが熱い!タイプ別おすすめバイク一覧【2018年版】
引用元:デザイン│CBR250RR│Honda   2017年には排ガス規制によりバイクの生産終了ラ…
東京モーターショーで公開された新型Ninja250とライバルを比較!
先日東京モーターショー2017に行ってきました。 ホンダやヤマハの倒れないバイクやMOTOBOT、モンキー125、カワサキのZ900RSなどの展示が注目を集めていて、2輪メーカーのブースはどこも楽しむことができました(特にヤマハ。毎回...

 

スポンサーリンク

2018年も勢いそのまま!最新の250ccスポーツを比較!

今回比較するのは次の3台です。

  1. ホンダ CBR250RR
  2. ヤマハ YZF-R25
  3. カワサキ Ninja250(2018モデル)(NEW)

2017年に鮮烈なデビューを飾ったホンダのCBR250RRを皮切りに、徐々に本格的にスポーツ性能を追求する動きが出始めています。

(スズキから出ているGSX250Rは比較的低回転型のマイルドな味付けとなっており、ややキャラクターが異なるため今回は割愛しますが、街乗りでの速さ(力強さや快適さ)を求める場合の選択肢としては断然アリです。念のため。)

 

 

現行250ccスポーツのスペックを比較!(2018モデル)

メーカー及び車名最高出力(kW[PS]/rpm)最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)車両重量(kg)全長×全幅×全高(mm)ホイールベース(mm)シート高(mm)メーカー希望小売価格(円)(税込)燃費(km/L)いずれもWMTCモード値 クラス3-2 1名乗車時外観
ホンダ CBR250RR(2017)28[38]/12,50023[2.3]/11,0001672,065×725×1,0951,390790806,760~26.7CBR250RR(2017)
ヤマハ YZF-R25(2018)26[35]/12,00023[2.3]/10,0001702,090×720×1,1351,380780610,200~27.2YZF-R25(2018)
カワサキ Ninja250(2018)27[37]/12,50023[2.3]/10,0001661,990×710×1,1251,370795629,640~26.2Ninja250(2018)

いずれもABSモデルで比較していますが、CBR250RRとYZF-R25はABSのないモデルもラインナップされており、価格はCBR250RRが756,000円~、YZF-R25が567,000円~となっています(いずれも税込)。

単純に馬力だけを見るとCBR250RRが一歩抜き出ていますが、最大トルクを発生する回転数は他の2台と比べて1,000回転ほど高くなっていますね。

CBR250RRはスペック以上に装備が豪華なのですが、その分お値段も高いのが気になるところ。

新型Ninja250はCBR250RRのスペックに近付けつつ価格を抑えており、お買い得感がありますね。

 

個別にもう少し詳しく見てみましょう。

 

ホンダ CBR250RRの特徴

CBR250RR

引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

CBR250RRは特にスポーツ性に優れており、乗車時の姿勢(ライディングポジション)も今回挙げた3台の中では最も前傾でアグレッシブ。

スペックはももちろんですが、その他にも倒立フロントフォークやアルミ製スイングアームなど細部までこだわられた設計がなされており、他の250ccとは一線を画す高級感を持つのが特徴です。

フルデジタルメーターにはラップタイマー機能まで搭載されています。

またCBR250RRはスロットルバイワイヤシステムをクラス初採用し、これによって3つのライディングモードを選択できる点も他の2台とは異なります。

・スロットルバイワイヤシステムとは・・・

スロットルグリップの開度を機械式ワイヤー構造ではなく電気信号を介して伝達するスロットルバイワイヤシステムを採用。スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブ制御を図ることにより、上質で安定感ある加速フィールを獲得している。

引用元:POWER UNIT│走行性能│CBR250RR│Honda

簡単に言えば、グリップ操作とスロットルバルブの開閉の間にコンピュータ(ECU:Engine Control Unit)を挟むということ。

これによって「標準的な〈Sport〉モード」の他、「より力強い加速が楽しめるハイレスポンスな〈Sport +〉モード」「よりリラックスした走行が楽しめる快適性重視の〈Comfort〉モード」の3種類を、シーンに応じて使い分けることが可能というわけです。

 

先にも述べた通り装備が豪華な分、また最終加工地が日本国内ということもあり価格は高めですが、その分「高級感というステータスが付く」という見方もできます。

まさに250cc界のプレミアムスポーツと呼ぶにふさわしい車両です。

 

ヤマハ YZF-R25の特徴

YZF-R25

引用元:フォトライブラリー::YZF-R3/YZF-R25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

近年250ccがスポーツ性能という意味で再び注目を集めるようになったきっかけは、このYZF-R25の登場だったように思います。

今回比較した3車種の中で最も古株となってしまいましたが、その存在感は今も健在。

特にビギナーライダーにとってはスペックよりもバイクを自在に扱う技術を磨いた方が速さに影響しますから、3車種の差はよりわずかなものに感じられるはずです。

 

派生モデルとしてカウルを取り払ったMT-25という車種もラインナップされています。

ハイスペックのストリートファイターモデルに興味がある人にとっては、新型Ninja250をベースとした新型Z250が出てくるまではMT-25一択と言っても良いかもしれませんね。

ちなみに管理人はYSPで乗り出し49万円(税込)の見積もりを出してもらったことがあります(2015モデル・赤・新車・ABSなし)。

MT-25(2015)

YZF-R25もモデル末期と言われていますし、恐らく他の2車種と違い多少の値引き交渉もできるでしょうから、実際は数値以上にコスパが良いかもしれません。

 

カワサキ Ninja250(2018)の特徴

引用元:Ninja 250・Ninja 250 KRT Edition│株式会社カワサキモータースジャパン

先代のNinja250から大幅なパワーアップを果たした「新型Ninja250」。

見た目もかなりシャープな印象になりましたね。

エンジンからフレームまで完全新設計で、剛性を向上させつつ従来型より7kgのシェイプアップに成功しています。

そのおかげか、高回転型になりつつも低速域の加速は従来型以上なんだとか(いずれにせよ厳密な違いを体感するのは難しいと思われますが)

明らかに走りを、そしてライバルであるCBR250RRを意識した車両と言えます。

 

CBR250RRと比べるとフロントフォークが正立だったり、スイングアームがいわゆる“角材”だったりという点は人によっては気になるかもしれませんが、その分スペックを考えれば新型Ninja250は価格面でかなり大きなアドバンテージを持つと言えます。

加えてCBR250RRにはない「Assist & Slipper Clutch(スリッパークラッチ)」を採用しているのも見逃せませんね。

・Assist Slipper Clutchとは・・・

クラッチセンターとプレッシャープレートの勘合部に、アシストカムとスリッパーカムという2種類のカムを設けることで、従来のクラッチユニットにはない、ふたつの機能を持たせたクラッチ。

引用元: Engine Management Technology : Kawasaki Technology : Kawasaki モーターサイクル&エンジンカンパニー

これによりクラッチレバーの操作に必要な力が軽減されるほか、シフトミスなどによる急激なエンジンブレーキによって生じるバックトルクを逃がすことが可能となり、リアタイヤがシフトロックするような事態を回避することが可能となります(特別な操作は不要)。

ざっくりと言えば楽で安全なクラッチ操作が可能となるわけです。

スポーツ走行をする人、特に素早いシフトダウンに慣れていないビギナーにとってはうれしい機能ですよね。

ちなみに2輪車でもMTの4輪車と同じように回転数を合わせたシフトダウンが必要です。その理屈はこちらが参考になると思います↓

MTスポーツ走行における必須テク!ヒール&トゥとは?(知識編)
「シフトダウンの際にガクっとショックを感じ、乗り心地が悪い」 「素早くシフトダウンすることができない」 「無理にシフトダウンしたらタイヤが滑って怖い思いをした」 MT車に乗っていてこのように感じたことはありませんか...
半クラの多用は危険?上手なシフトチェンジの鍵は回転数にアリ!
MT車を上手に運転するためには「スムーズなシフトチェンジ(ギアチェンジ)」が不可欠です。 しかし、多くの教習所ではスムーズにシフトチェンジする方法はあまり教えてくれませんよね。 いえ、もしかすると教わっているかもしれませ...

 

このAssist & Slipper Clutchは従来型Ninja250にも搭載されていましたが、2017年モデルと比べて更に20%軽い力での操作が可能になったとのこと。

「今も昔もビギナーに優しい250ccスポーツ!

それが管理人がNinja250に感じる強い印象です。

 

スポンサーリンク

まとめ

個人的にはYZF-R25でも十分ハイパワーのように感じますから、どれを選んでもスペックで失敗したと感じることはあまりなさそうな気がします(※現行の4st/2気筒/250ccの枠内での話)

というわけで、管理人なりに選ぶ基準を作るなら「プレミアム感が欲しければCBR250RR」、「価格もスペックも両方求めるなら新型Ninja250」、「極力コストを抑えて本格的なスポーツ走行を新車で楽しみたいならYZF-R25」といったところでしょうか。

ビギナーならAssist & Slipper ClutchのあるNinja250で安全に腕を磨くという手もあります。

 

もちろん、悩んだら見た目で選ぶのも全然アリですよ♪

コメント