ヘルメットの耐用年数は3年より長い!?寿命を縮める扱い方に注意!

SHOEI GT-Air WANDERER 01 快適装備

あなたが使っているヘルメットは購入してどのくらいの年数が経っていますか?

ヘルメットは万が一のときに頭部を守ってくれる、ライダーにとってもっとも重要な装備です。

そんなヘルメットが気付かぬうちに寿命を迎え、本来の性能を発揮できなくなっていたとしたら・・・。

かなり怖いですよね。

 

実はSHOEIやARAIといった国内大手ヘルメットメーカーは3年ごとの買い替えを推奨しています。

しかし、3年が経過したヘルメットはもう使えないかというと、どうやらそうとは限らないようです。

後ほど詳しく触れますが、実は3年という数字は必ずしもヘルメットの耐用年数(寿命)とは言い切れません。

ただし、ヘルメットは扱い方次第で3年より早くダメになってしまう可能性もあります。

というわけで、今回はヘルメットの耐用年数と気を付けたい扱い方や保管方法についてお話ししたいと思います。

 

ヘルメットの耐用年数は3年・・・ではない!

一般にヘルメットの耐用年数は3年と言われることが多いですね。

その理由は、国内大手のSHOEIやARAI、OGK KabutoのHPにある次のような記載。

ヘルメットは、使用に伴う経時変化によって新品の時と同じ性能を維持できなくなることがあります。このため、SGマークではその有効期間を「購入後3年」と定めています。弊社では、正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。

引用元:ヘルメットのご使用にあたって|安全に正しくお使いいただくために|サポート情報|ヘルメット SHOEI

アライヘルメットでは、SGマーク(製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています。

引用元:FAQ(||| ARAI HELMET | 株式会社アライヘルメット |||)

ヘルメットにも寿命があります。

ヘルメットは使用にともない、老朽・劣化等の経時変化によって、新品の時と同じ性能を維持できないこともあります。このため、ヘルメットの耐久性を考慮して、製品安全協会とJHMA(日本ヘルメット工業会)により、ヘルメットの有効期間を「購入後三年間」と定めています。

引用元:メンテナンス&サポート | バイク用ヘルメット&ギア | Kabuto

これを読んで気になるのは、製品安全協会が定める安全基準制度「SGマーク」の存在。

SGマークがついていると、下記のSGマーク被害者救済制度が受けられます。

〈SGマーク被害者救済制度〉

当協会は、SGマーク付き製品の欠陥により、人身損害が生じた場合に備えて、損害保険会社と生産物賠償責任保険契約を結んでいます。
SGマーク付き製品の欠陥により、人身損害が生じたと認められる場合、事故原因、被害の程度などに応じて、賠償措置を実施します。
被害者1人当たりの賠償額の最高限度額は、1億円です。

引用元:SGマーク付き製品で事故 | cpsa

バイク用ヘルメット(乗車用ヘルメット)の場合、その表示の有効期限(保証期限)は購入から3年と定められています。(参考URL:https://www.sg-mark.org/SG/0004

いずれのメーカーも、これを根拠に3年という期間を定めているようですね。

 

しかし、先の各メーカーの説明をよく見ると、いずれも耐用年数が3年とは言っていないんですよね。(OGK kabutoのみ“ヘルメットにも寿命があります。”と前置きしているので怪しいですが)

あくまで「3年経ったら保証(救済制度)が受けられなくなるから買い替え推奨」という風に読み取れます。

 

それを裏付けるかのように、海外では多くのヘルメットメーカーが保証期間を購入日から5年間程度に定めています。

なんと、その中にはARAIやSHOEIも含まれているんですよね。

下記がARAIの海外HPに掲載されている英文。

How long runs the limited warranty on my Arai?

The limited warranty runs 7 years from date of manufacture, and 5 years from date of purchase.

引用元:Home | Arai Helmet

要約すると、「製造日から7年、購入日から5年は保証が有効」とのこと。

日本ではSGマークの縛りで交換サイクルが短く見積もられていますが、実際の寿命は3年よりもずっと長いと考えて良さそうです。

 

当然、SGマーク被害者救済制度や上記の海外用の保証は受けられないので自己責任ということになりますが、そもそも冷静に考えるとヘルメットの欠陥によって人身損害が生じたかどうかなんて、実際に人身損害が生じた後に証明できるものか疑問・・・。

もちろん製品がその基準に適合していることは重要かもしれませんが、もともと恩恵を受けにくい保証であれば、有効期限に縛られすぎるのはもったいないような気がします。

あくまで自己責任ですが、適切な扱い方をしていれば5年間は安心してつけると考えて良いのでは。

 

・・・繰り返しますが、適切な扱い方をしていることが大前提で、次項で触れるような扱い方には要注意です。

 

ヘルメットの寿命を低下させる扱い方に注意

上記のとおり、適切な使用方法であれば購入日から5年間は問題なく使用できると考えて良さそうです。(あくまで自己責任)

しかし油断は禁物。

実はヘルメットは扱い方次第で急激に寿命が縮む可能性があります。

 

もっとも気を付けたいのは強い衝撃を加えてしまうこと。

ヘルメットは内部の緩衝材(発泡スチロール)が潰れることで外部からの衝撃を吸収し、頭部を守ります。

しかし、実はこの緩衝材は一度潰れると復元しません。

このため、次に大きな衝撃を受けた際はその衝撃を吸収するすべはなく、今度は頭部に大ダメージを負ってしまう可能性があります。

少なくとも、一度転倒や事故の衝撃などを受けた場合はもう使わない方が良いでしょう。

やっかいなのは、表面的には大きな傷がなくても内部の緩衝材がダメージを受けているケースがあり得るということ。

どの程度の衝撃まではOKでどの程度の衝撃からNGなのかの判断は非常に難しいのですが、ARAIのホームページには次のような記載があります。

ヘルメットを地面に落としてしまったけれど 買い替えなければだめでしょうか?

オートバイのシートから、または、手に持っていた程度の高さから、不注意で落としたくらいでは、たとえ地面がコンクリートであっても大丈夫です。外観の塗装がはがれる程度なら、安全性能に問題はありません。ただし、走行中に転倒して衝撃を受けたり、故意に地面に叩き付けるなどしてシェルに傷を負うような衝撃を与えた場合には、使用しないでください。

引用元:FAQ(||| ARAI HELMET | 株式会社アライヘルメット |||)

たまに「一度落としたヘルメットはもう使えない」という意見を目にすることがありますが、どうやらそこまで神経質になる必要はなさそうですね。

万が一何か思い当るところがあって心配な場合は、専門家に再使用可能かどうかの検査をしてもらうことも検討してみてください。

例えばARAIはヘルメットの往復送料のみの負担で検査自体は無償で実施してくれるため、気軽に安全性を再チェックしてもらうことが可能です。

 

また、例えばツーリングなどでよく見るヘルメットをミラーにひっかける行為も実はNG。

これもヘルメット内部の緩衝材にダメージを蓄積させる可能性があります。

ヘルメットの重さをミラーに接触するほぼ1点のみで支えることになりますから、そこだけが徐々に潰れるリスクがあるというわけです。

防犯性の面でも、休憩の際は持ち歩くか専用のロックなどを使用したいところ。

 

もう一つ気を付けたいのが保管方法。

ヘルメット内部の緩衝材は熱に弱い樹脂素材でできており、長時間高温にさらされると劣化のスピードが早まります。

また内部に使用されるスポンジ部材(ポリウレタン)は年数が経つと加水分解という反応によってボロボロになってしまうことも。

これを防ぐためにも、できるだけ湿気が多いところも避けたいですね。

雨の日に走ったあとは、帰宅後にしっかりと水分を拭き取って乾燥させることが大切です。

湿気が多いと衛生的にも良くありませんし。

ちなみに、このスポンジの劣化はヘルメットの寿命を見極めるうえで一つの参考になります。

スポンジがボロボロになるようであれば、メインの緩衝材もそれなりに劣化が進んでいると考えて間違いありません。

 

また、緩衝材のヘタリの前段階として、インナー(内装)のフィット感の低減が感じ取れるはずです。

新品のヘルメットって頬が圧迫されるようなフィット感がありますよね。

これがない状態が長く続くと頭頂部だけでヘルメットを支えるようなかたちとなり、やはり緩衝材のヘタリを加速させかねません。

フィット感がなくなること自体も耐衝撃性の面で不利ですし、インナーは定期的なメンテナンスをした方が確実に長持ちします。

大手メーカーのヘルメットであればインナーのみを買い替えることも可能なはずなので、フィット感が落ちてきたらそういった方法も検討していいかもしれません。

ヘルメットを買い替えるより安上がりですが、早めに交換すればそこそこの効果が期待できるはずです。

 

まとめ│ヘルメットの実際の寿命は5年超。ただし自己責任で!

何度も言うように、ヘルメットは適切な使用方法をする限り、購入後5年間は問題なく使えると考えて良さそうです。

ただ、5年以上もバイクに乗り続ける人なら、きっとその頃には新作のヘルメットに興味が湧いているはずなので、それ以上はあまり粘りすぎないのも肝要。

 

また、先ほども引用した通り、SHOEIは“正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。”としていますので、早く交換できればそれに越したことはありません。

使えるヘルメットを破棄するのは経済的ではありませんが、冒頭にも触れた通りヘルメットはライダーにとって最も重要な装備ですから、万が一に備えるという意味では決して愚かな選択ではありません。

 

万が一現在利用しているヘルメットが購入から5年を大きく経過している場合は要注意!

ARAIのフルフェイスでもスタンダードなモデルは3万円前後で購入できますし、OGK KABUTOなら更にその半額以下で買えるモデルもあります。

耐久性が不安なものを長く使うより、できるだけ早く買い替えを検討して安全性と気分をリフレッシュしたいところですね♪