ハンドル操作の基本とスポーツ走行におけるステアリングワーク!

ハンドル操作の基本とスポーツ走行におけるステアリングワーク! コーナリング

スポーツ走行時や緊急時は素早く正確なハンドル操作(ステアリング)が求められます。

もちろん、ハンドル操作を見直すことは普段の運転における安全性の向上にもつながります。

例えばカーブで思った以上に車が向きを変えてしまったり、カーブの出口で車体が不安定になったりといった症状に悩んだことはありませんか?

ここではそんな悩みを解決し、安全かつ乗り心地の良い運転を実現するための基礎知識をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ハンドル操作の基本

公道、サーキットを問わず、不意にハンドル操作を求められる場面は多々あります。

また、路面状況やタイヤのパンク、衝突や旋回中のブレーキによって挙動が乱れたときなどは、意図せずハンドルが取られることもありますよね。

どんな時でも正確な操作ができる状態を作り出しておくことは非常に重要です。

まずは基本の操作からおさらいしてみましょう。

 

ハンドルを握る手の位置

ハンドルを持つ位置(9時15分)

昔はハンドルは「10:10を持て」などと言われましたが、現在はパワーステアリング(機械的、電気的アシストによりハンドルを回す力が軽減される機構、いわゆるパワステ)が搭載されていることが一般的なため、9:15のあたりでも全く問題ありません。

プロドライバーの中にはあえて8:20の位置を好んで持つ人もいます。

これはハンドルを持ち替えずに(ハンドルから一度も手を離さずに)できるだけ多くハンドルを押して回すためですが、9:15から上と9:15より下の位置では、ハンドルを回す際に必要な力のかけ方が異なるので注意が必要です。

個人的には初動の速さを重視して9:15から上を持つことをおすすめします。

 

9:15の辺りを持つ場合、写真のようにハンドルのスポークに親指をかける人も多く、こうすることで手が滑るリスクを軽減することもできます。

ただし教習所などにおいては、未だに10:10にこだわる教官もいるかもしれませんから、そこは臨機応変に。

 

ハンドルの回し方-クロスハンドルとプッシュプルハンドル-

ハンドルの回し方には大きく分けて二つあります。

一つは教習所などで習う一般的な回し方「クロスハンドル」

もう一つは、いわゆる“送りハンドル”と呼ばれる「プッシュプルハンドル」です。

これらはどのように使い分ければ良いのでしょうか。

そしてどちらがより優秀な操作方法なのでしょうか。

 

クロスハンドルとは?-メリット・デメリット-

クロスハンドルこそが一般的に教習所などで習得するハンドル操作法です。

常にハンドルの決まった位置をつかむことになるため、今どのくらいハンドルを回しているかが直感的に判断しやすい持ち方です。

クロスハンドルの最大のメリットは、素早く大きな舵角を与えられるところにあり、手を持ち替えることなく最大で180度程度ハンドルを回すことが可能です。

ただし、180度を超えて回そうとしたときは、その名の通り手を交差させてハンドルを持ち替える必要があります。

特にスポーツ走行をするためにはこの動作をスムーズにできるように練習する必要があるかもしれません(ほとんどの人は動作自体は短時間で簡単にマスターできると思いますが)。

 

デメリットがあるとすれば、スポーツ走行において90度以上の舵角を維持してコーナーを抜けようとした場合、ハンドルの下の方に位置すべき手が遊んでしまうこと。

スポーツ走行に興味のない人にとっては少し難しい話になるかもしれませんが、一定のRのコーナーをクリアしようとした場合、9:15とは言わないにしても、10:20くらいの位置を持てるように手を持ち替えた方が良いかもしれません。

このようなケースでは、次に紹介するプッシュプルハンドルの考え方が役に立ちます。

また、ハンドルを持ち替える際にその名の通り手が交差することになるため、イメージができていないと手と手がぶつかってしまうなんてこともあるかもしれないので注意しましょう。

 

プッシュプルハンドルとは?-メリット・デメリット-

プッシュプルハンドルとは、いわゆる「送りハンドル」のことです。

プッシュプルハンドルにおいては左手がハンドルの左半分を、右手がハンドルの右半分を担当することになり、ハンドルが90度以上回る前に持ち替える必要があります。

この方法のメリットはどんなにハンドルを切っても動作が安定しやすい位置でハンドルを持てるということ。

タイヤの切れ角に関わらず手は10:10や9:15の位置をキープできるので、ドライバーの姿勢も安定しやすいのが特徴です。

 

デメリットはとにかく操作が忙しくなること。

ハンドルを一回転させようとしたとき、クロスハンドルであれば大きく1回持ち替えれば十分届きますが、プッシュプルハンドルでは最低でも2回は持ち替えなければいけません。

ハンドルを持ち替える間は残った片手でハンドルを回すことになります。

ですから、更に手の移動量を少なくするためにもっとこまめに持ち替えたとすると、ほとんど常に片手でハンドルを回すことになり、より多くの力を必要とします。

プッシュプルハンドルはちょっとした微調整には有用性がありますが、「頻繁な持ち替えはその分ミスを犯すリスク」とも言えますから、ハンドルを一気にたくさん回したいという場合は個人的には避けた方が良いと感じます。

 

また頻繁にハンドルを持ち替えるため、「今ハンドルをどれだけ回したか」がわかりずらくなってしまうという欠点もあり、このため世間一般では“ダメなハンドル操作の代表格”として扱われることも多いですね。

これを解消するために、ハンドルのてっぺんに目印、いわゆる“センターマーク”をつけている車両も存在します(後付けでドリフトなどの激しいハンドル操作の際に目印にするという人も多いかもしれません)。

ただし、パワステが搭載されている車であればどれだけ回したかわからなくなっても手を離せば勝手にセンターに戻るので、慣れてくればそこまで大きなデメリットにはならないかもしれません。

 

スポンサーリンク

誤ったハンドル操作方法

管理人は、ハンドル操作において気をつけるべきは「いかに優れた操作をするか」ではなく、「いかに誤った操作をしないか」だと考えています。

ここでは代表的なNG例を3つほどご紹介します。

 

急ハンドルはNG

こんなことは改めて言われなくてもわかりますよね。

急ハンドルを切れば当然車も急な挙動を示し、その分乗り心地は悪くなりますし、最悪タイヤがスリップする恐れだってあります。

高速道路などを中心に、急ハンドルによってコントロールを失った車が重大事故を引き起こすケースも多く報道されていますよね。

トラックやバンなど、背の高い(重心の高い)車の場合は特に注意が必要です。

 

またスポーティーな味付けの車はハンドルの“遊び”が少ないため、慣れていない人が運転すると急ハンドルになりがちです。

しっかりと両手でハンドルを持ち、慎重な操作を心がけましょう。

スポーツ走行であればじわっと荷重がかかるようなステアリングワークを意識したいですね(コーナーにもよりますが)。

 

内かけハンドルはNG

内かけハンドルとは内側からハンドルを握る操作方法のこと。

より小さな力でハンドルを回せるため、ダメとわかっていてもついやってしまうという人も多いのではないでしょうか。

内かけハンドルのダメな理由はただ一つ、それはハンドルと手が干渉しやすいからです。

ハンドルは中心からいくつかのスポーク(のようなもの)が伸びて、手で持つ輪っか部分を支えていますよね。

ハンドルの内側に手をかけて回していくと、単純にこのスポークを邪魔に感じるはずです。

これは、操作中に手とスポークが干渉するリスクがあることを示唆しています。

内かけハンドルが癖になっていると、「とっさにハンドルを握ろうとしたけどスポークのせいでハンドルが持てなかった」ということも起こりかねません。

正直に言えば日常のドライビングにおいて大きな問題は生じませんが、いざというときや咄嗟の操作性を考えると、普段からやらないように徹底しておいた方が無難です。

 

ただし、トラックやバスなどの大型のハンドルを操作するシーンにおいては、内かけハンドルのデメリットがナリを潜め、有効に活用することが可能です。

 

片手ハンドルはNG

片手ハンドルには頻繁なシフト操作が必要なシーンでは習熟しておくと強味になるケースもあり得ます。

しかし、実際にメリットとして現れるようなシーン・ケースはラリーにでも参加しない限りお目にかかることはないでしょう。

一般人がサーキットを走ったり、ましてや公道を走る限りは“必要”性は皆無と言っても過言ではないと考えます。

逆に、片手ハンドルをすることによって“操作ミス”という大きなリスクが付きまとうことになります。

これではまさにハイリスクローリターン

可能な限り正確かつ精密な操作をするために、ハンドルは極力両手で操作することを心掛けたいですね。

 

余談ですが、ワンハンドステアリングでもう一方の手をシフトノブに置き続けた場合、クラッチを余計に摩耗させる恐れがあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

スポーツ走行におけるステアリングワーク

スポーツ走行においてステアリングワーク(ハンドル操作)に求められるのは次の3つ。

  1. 操作をミスしないこと
  2. 素早く操作すること
  3. 繊細な操作をすること

まずはこれらをないがしろにすることがないように注意しましょう。

基本的にはクロスハンドルだけで問題ないと思いますが、管理人はたくさんハンドルを切る必要があるコーナーではクロスハンドルを、少しだけハンドルを切る必要があるコーナーではプッシュプルハンドルを使用しています。

と言っても純粋なプッシュプルハンドルを使うのは本当に限定された場面のみで、例えば富士スピードウェイで言えば「300R」で使うかどうか、その程度に限られます。

また、クロスハンドルで長いコーナーを抜けようとしたとき、下に来た手の位置が中途半端に感じられることがあります。

こういった場合はプッシュプルの容量でハンドルを持ち替えることがありますね。

 

それからもう一つ、コーナリング中にシフトチェンジが必要なコーナーにおいては、片手をシフトノブに伸ばした際にもう一方の手でハンドルをしっかりと保持できるよう、回し方を工夫する必要があります。

 

どちらの方法で回すべきか、個人的には上記のように考えて使い分けていますが、この辺りは正直に言って好みの問題だと思います。

いずれにせよ、サーキットであればコーナーごとにどちらの方法で回すのが良いか決めておくと良いかもしれません。

 

ところで、先ほど「プロドライバーの中には初動でできるだけ多くハンドルを回すために8:20の位置を好む人もいる」とお話ししましたね。

同時に「力のかけ方が変化するので注意が必要」とも書きましたが、このデメリットを解消してメリットだけを手に入れる方法があります。

普段は9:15分に構え、コーナーが迫った時に曲がる方向と反対側(アウト側)の手を少し下に動かすのです。

右コーナーであれば7:15、左コーナーであれば9:25のあたりまで片手を下げるわけですね。

コーナー進入前にあらかじめハンドルを持ち替えてしまえば、コーナーに進入してから持ち替えるよりも低いリスクで、かつ素早く操作することが可能になるというわけです。

このように片手だけを下げた形であれば、初動はイン側の手を引き下げる力を十分に活かすことができます。

当然、あおりハンドルは絶対にダメですよ 笑(理由はこちら↓)

速く走るためのライン取り!意識したいたった3つのポイント!
ここで紹介するのはコーナリングの基本的な考え方です。 コーナーには速く走るためには通るべき道筋が決まっています。 この速く走るための道筋を選ぶことを「ライン取り」と言います。 今回はこのライン取りについて考えてみま...

 

なお、スポーツ走行においては極力ハンドルを切る量を少なくし、コーナー後半では極力早めにハンドルをまっすぐに戻すように心がけましょう。

地味ですが、舵角が最小限となるようにステアリングワークを見直すことはタイムアップにはとても効果的です。

 

余談ですが、レーシングカーなどはもともと市販車よりも少ないハンドル操作で大きな舵角が得られるようにセッティングされていますから、実はハンドルを持ち替えるという場面はほとんどありません(少なくとも市販車よりは少ない)。

その分ドライバーにはより繊細な操作が求められるというわけですね。

 

どのくらい切る?大切なのは”目線”

スポーツ走行におけるハンドル操作においては、「どのように操作をするか」よりも「どの程度操作するか」の方が圧倒的に重要です。

要は、結果的にハンドルを必要な量だけ安全かつ正確に回すことができれば、持ち方や操作方法なんてどうでもいいんです。

 

では実際にどの程度ハンドルを回せば良いのでしょうか。

これはコーナーによって異なるため、本人が納得できるまで練習するしかありませんが、短期間で素早く身に付けるために重要なポイントがあります。

それがドライバーの目線です。

これは車やバイクの運転のみならず、例えばスノーボードでトリックを決める際などにおいても同じことが言えます。

人間の体には無意識のうちに目で見た方向に動きを補正する機能が備わっています。

車両のすぐ近くに目線を落とすより、コーナーの奥へ奥へ目線を送ると、自然とスムーズかつ適切なライン取りで走れるようになります。

特にスポーツ走行初心者の方は是非試してみてください。

 

あとは適切なラインをイメージすることと、クリッピングポイントをしっかりと意識すること。

詳しくはこちらもどうぞ↓

クリッピングポイントを意識してライン取りの完成度を上げよう!
クリッピングポイントとは何か、知っていますか? クリッピングポイントを意識することは、コーナリングにおける上手なライン取りのために必要不可欠と言っても過言ではありません。 クリッピングポイントを意識しよう アウトインアウト...

 

スポンサーリンク

おまけ ハンドルの大きさによる違い

実はハンドル(ステアリングホイール)の大きさによって車の操作性は大きく変わります。

例えばごく一般的な常用車と比べ、スポーツカーのハンドルは小さく、逆にトラックやバスのような大柄な車ほどハンドルが大きくなる傾向にあります。

ハンドルの大きさは“ハンドルを回す際に必要な力”と“手を動かす量”に影響するのです(↓)。

【回す際に必要な力】【手を動かす量】【得意な操作】
ハンドルが大きい(大径)小さい多い繊細な操作
ハンドルが小さい(小径)大きい少ない素早い操作

 

ハンドルが大きい方が手を大きく動かさなければなりません(円周が大きくなるから)。

代わりに小さい力で回すことが可能で、かつ手の動作に対してゆったりとハンドルが回るため、より繊細な操作が可能とも言えます。

逆にハンドルが小さいと大きな力が必要とになり、繊細な操作も難しくなりますが、代わりに素早く動かすことができるというメリットがあります。

 

もちろん、市販車の多くはパワステを搭載しているため、ハンドルを回す際に必要な力の大小はあまり気にする必要はありません(スポーツカーのハンドルが重いのは径が小さいからではなく、フィードバックを感じやすくするため)。

また最近の車は電子制御によって「ハンドルを回した量=タイヤの切れ角」とは限らず、またハンドルを回した際の“遊び”もそれぞれです。

そのため、実際はハンドルの大小で最も大きく変わるのは“手を動かす量”ということになります。

操作性を求めてステアリングホイールを交換する人もいるかもしれませんが、ハンドルが大きいほど繊細な操作が、ハンドルが小さいほど素早い操作が可能と覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

あとがき

ハンドル操作は自動車を運転する上では基本中の基本ですが、実は追求していくと奥が深い部分でもあります。

特にスポーツ走行をする際はハンドル操作(ステアリング)の良し悪しは速さに直結します。

もしコーナーで必要以上に緊張してしまったり、車の挙動が不安定になるように感じることがあれば、是非ステアリングワークを見直してみてください。

基本こそ、見直すと新たな発見があるかもしれませんよ♪

コメント