コーナーの基本はアウトインアウト!ライン取りの基本を見直そう!

アウトインアウト コーナリング

「アウトインアウト」という言葉、あまりスポーツ走行に詳しくなくてもどこかで耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

アウトインアウトは速く走るためだけでなく、街中でスムーズな運転をするためにも、また無駄な加減速をなくすことで燃費を向上させるためにも知っておいて損はない技術です。

アウトインアウトとあおりハンドルは全くの別物です。あおりハンドルはむしろ走りにくいライン取りとなるので、曲がりにくい大型車でもない限り行わないようにしましょう→右左折時に”内側に寄らない”または”膨らむ”(あおりハンドル)
スポンサーリンク

ライン取りの基本、アウトインアウト

スポーツ走行をする上で欠かせないのがライン取り。

速く走るためのライン取り!意識したいたった3つのポイント!
ここで紹介するのはコーナリングの基本的な考え方です。 コーナーには速く走るためには通るべき道筋が決まっています。 この速く走るための道筋を選ぶことを「ライン取り」と言います。 今回はこのライン取りについて考えてみま...

 

その中でも最も代表的なラインの取り方がアウトインアウトです。

その言葉通りコーナー外側(アウト)から侵入し、内側(イン)をかすめ、外側(アウト)に向けて加速するラインを描きます

アウトインアウト図1.アウトインアウト

赤い線がアウトインアウトのラインです。

道の真ん中を走るライン(緑)よりも直線に近いことがわかりますね。

 

実はこれが重要で、アウトインアウトで走る理由を一言で表すと「より直線的に走ることによるメリットが大きいから」と言えます。

 

より直線的に走ることによるメリット

アウトインアウトで走ると、自然と直線的なライン取りになります。

より直線的に走ると、何も意識しないで走る場合と比べ、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

速度を維持できる

一番大きなメリットはこれでしょう。

通常、コーナー手前で減速をするのは、減速しないと曲がり切れないからです。

しかし走行ラインが直線的であれば高い速度でも曲がり切ることができるので、より高い速度を維持したままコーナーを抜けることができます。

一見減速が必要そうなコーナーも、アウトインアウトを実戦することでアクセル全開で抜けられるコーナーに早変わりするケースが多々あります。

 

車の動きがスムーズになる

より直線的に走れるということは、より車を曲げる量が少なくて済むということです。

つまり車の姿勢変化が少なくなるのです。

当然、その分運転も簡単になると言えます。

 

姿勢変化が少なければ車の動きがスムーズになり、加減速も減るためエコ運転にもつながります。

また同じ速度であれば車体やドライバーにかかる遠心力(G)も小さくなり、乗り心地が良くなります。

必要最小限の動きしかしないので、同乗者の車酔いも起きにくいと言えるでしょう。

 

車やタイヤへの負担を減らせる

実際は直線的に走ってもタイヤを限界まで使ってコーナリングスピードを上げることになるため、アウトインアウトをしたからと言って車やタイヤをいたわれるとは限りません。

しかし、インベタで走れるような大きく緩やかなカーブであれば、アウトインアウトを実践することでわずかなタイムロスと引き換えにタイヤを温存することが可能です。

例えばタイヤがタレてグリップがなくなってきた場合などに応急的に使えるテクニックと言えるのではないでしょうか。

 

アウトインアウトのやり方

アウトインアウトは視覚的にも理解しやすく、理論も単純なので初心者でも親しみやすいテクニックと言えるでしょう。

ですが、見た目のわかりやすさのわりに正しく実践するのが難しいという奥の深さもあります。

そこでアウトインアウトを実践するために気を付けたいポイントをまとめてみました。

 

道幅を最大限に活用する

アウトインアウトの「アウト」と「イン」は、道幅の「外側」と「内側」を表します。

つまり言い換えれば、アウトインアウトは道幅を有効活用するテクニックということです。

道幅を十分に使えないと、例えばミドル-イン-ミドル、アウト-ミドル-アウトのようなライン取りとなり、最大限”R”を大きくすることができません。

 

アウトインアウトの目的はこの”R”をより大きくするということ。

つまりより緩やかなカーブを自分で作るというテクニックなのです。

 

ただしアクセル全開のままインベタで抜けることが可能なコーナーでは、わざわざアウトに寄るのはタイムロスにつながります。

全てのコーナーでアウトインアウトをする必要があるとは限らないということも一つ覚えておいてください。

 

また公道では対向車や自転車、歩行者の存在に気を付ける必要がある点、端に寄るほど埃や落ち葉、砂利などのごみが多くなりタイヤが滑りやすくなる点に注意してください。

 

スローインファストアウトを意識する

スローインファストアウトとは、十分に減速してからコーナーに進入し(スローイン)、出口に向けて加速しながらコーナーを抜ける(ファストアウト)というテクニックです。

スローインファストアウトはスポーツ走行に限らず、安全のための走行でも効果を発揮するテクニックなので、教習所で教わったという人も多いでしょう。

 

高い速度を維持してコーナーを抜けるのではなかったのか、と思われる方もいるかと思いますが、アウトインアウトを実践しても減速が必要になるコーナーはあります。

どこかで減速をしなければいけないのであれば、より早い段階で減速した方が車の向きも変えやすく、狙ったラインをトレースすることも容易になります。

またコーナーの脱出速度が速くなるというメリットもあります。

 

詳細は別記事にまとめますので、そこで詳しくお話しさせていただきます↓

教習所で習うスローインファストアウトはスポーツ走行でも必須!?
みなさん、スローインファストアウトという言葉に聞き覚えはありませんか? スローインファストアウトはスポーツ走行のみならず、公道を安全運転するためにもなくてはならない考え方です。 そのため自動車学校で習った記憶があるという人も多い...

 

クリッピングポイントを意識する

もっとも難しさを感じるのが、ステアリングを切るタイミングではないでしょうか。

ここで意識したいのがクリッピングポイントをどこに置くか、ということです。

クリッピングポイントとは、コーナーの内側に最も接近するポイントのことです。

アウト‐イン‐アウトの最も「イン」にあたるポイントですね。

 

結論から言うと、クリッピングポイントはやや奥に設定するのが安全です。

こちらも詳しくは別記事にて↓

クリッピングポイントを意識してライン取りの完成度を上げよう!
クリッピングポイントとは何か、知っていますか? クリッピングポイントを意識することは、コーナリングにおける上手なライン取りのために必要不可欠と言っても過言ではありません。 クリッピングポイントを意識しよう アウトインアウト...

 

まとめ

アウトインアウトを実践する目的は、カーブの”R”をできるだけ大きくして、より直線的に走ることでした。

直線的に走ることができると、次の3つのメリットがあります。

1.高い速度を維持したままコーナーを抜けられる。
2.車の動きがスムーズになり、運転操作が簡単になったり、乗り心地が良くなる。
3.車体やタイヤ、ドライバーにかかる負担(G)が小さくなりやすい。

これらのメリットを考えれば、スポーツ走行をする上では意識しないわけにはいかないテクニックだということがわかりますね。

 

実践するためには3つのポイントがありました。

1.道幅を最大限に活用することで、より直線的なラインを描く。
2.スローインファストアウトを意識することで、狙ったラインをトレースする。
3.クリッピングポイントを意識することで、ステアリングを切るタイミングを計る。

アウトインアウトは視覚的には理解しやすいですが、実際にやってみると難しさを感じることもあるかもしれません。

そんな場合はまずは上の3つのポイントを意識してください。

 

特にオーバースピードでコーナーに進入し、クリッピングポイントを手前に置いてしまうと、コーナー後半で曲がり切れずにコースアウトしてしまうこともあります。

慣れないうちはスローインファストアウトだけでも確実に徹底するようにしましょう。

 

また、繰り返しになりますがアウトインアウトとあおりハンドルは別物なので注意してください。

こんな運転は下手だと思われる!?あなたは大丈夫ですか?
街中を走っていて、つい「オイオイ」と声に出したくなるような危険な運転をしている車を見かけることってありませんか? 初心者、ペーパードライバーならまだわかるのですが、全然そうは見えないおじさんおばさんが、さも当然のような顔をして下手な運...

 

しかし、適切なアウトインアウトは、スポーツ走行のみでなく安全運転やスムーズな運転、エコ運転にもつながるテクニックです。

速度が低くてもアウトインアウトはアウトインアウトですからね。

ぜひ意識してあなたの運転に役立ててみてください。

コメント