今250ccが熱い!最新タイプ別おすすめバイク一覧 2019年版

ホンダ CBR250RR(2019)02 排気量別バイク一覧

2017年には排ガス規制によりバイクの生産終了ラッシュがありましたが、バイク業界が完全に下火かと言うと決してそんなことはありません。

もちろんピーク時と比べれば全体的な販売台数は落ち込んでいますが、東南アジアでの需要の高さもあり、今250ccクラスのバイクを中心に再び盛り上がりを見せています。

250ccといえば、日本でも”車検が要らないお手頃さ”や”街中を走るのに十分な性能”を持ったバイクとして昔から需要がありますね。

メインのバイクとしてもセカンドバイクとしても、人気クラスゆえに幅広い選択が可能な点がこの250cc最大のメリット。

しかし、だからこそ愛車選びが難しいクラスでもあります。

そんなわけで、250ccクラスにはどんな魅力的なバイクがラインナップされているのか、本記事では可能な限りジャンル・タイプ別に分けてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

※各項の初めにスペック一覧を載せています。スペック一覧の中には近年生産終了した車種も含まれます。

アイキャッチ画像引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

 

250ccバイクのタイプ別一覧

ここでは250ccクラスのバイクを次の6タイプに分け、国産現行モデルを1台ずつ紹介していきたいと思います。

  1. フルカウルスポーツ
  2. スポーツネイキッド
  3. クルーザー(アメリカン)
  4. ストリート・トラッカー
  5. デュアルパーパス(オフロード&モタード)
  6. スクーター(ビッグスクーター)

各項の先頭にスペック一覧表も載せておくので、是非参考にしてください。

 

1.250ccフルカウルスポーツの一覧と比較

         
外観ホンダ CBR250RRヤマハ YZF-R25 2019カワサキ Ninja250(2018)スズキ GSX250Rヤマハ YZF-R25カワサキ Ninja250(2017)ホンダ CBR250R(2017生産終了)カワサキ Ninja250SL(2017生産終了)
メーカー及び車名ホンダ CBR250RRヤマハ YZF-R25(2019)カワサキ Ninja250スズキ GSX250Rヤマハ YZF-R25(2019生産終了│先代)カワサキ Ninja250(2018生産終了│先代)ホンダ CBR250R(2017生産終了)カワサキ Ninja250SL(2017生産終了)
気筒数二気筒二気筒二気筒二気筒二気筒二気筒単気筒単気筒
最高出力28[38]/12,500
(kW[PS]/rpm)
26[35]/12,000
(kW[PS]/rpm)
27[37]/12,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,000
(kW[PS]/rpm)
26[35]/12,000
(kW[PS]/rpm)
23[31]/11,000
(kW[PS]/rpm)
21[29]/9,000
(kW[PS]/rpm)
21[29]/9,700
(kW[PS]/rpm)
最大トルク23[2.3]/11,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/8,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/7,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/8,200
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量有167,無165(kg)有170,無167(kg)有166(kg)無178(kg)有170,無167(kg)有174,無172(kg)有164,無161(kg)有151,無149(kg)
全長×全幅×全高2,065×725×1,095
(mm)
2,090×730×1,140
(mm)
1,990×710×1,125
(mm)
2,085×740×1,110
(mm)
2,090×720×1,135
(mm)
2,020×715×1,110
(mm)
2,035×720×1,120
(mm)
1,935×685×1,075
(mm)
軸間距離1,390(mm)1,380(mm)1,370(mm)1,430(mm)1,380(mm)1,410(mm)1,380(mm)1,330(mm)
シート高790(mm)780(mm)795(mm)790(mm)780(mm)785(mm)780(mm)780(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)40.1(km/L)37.7(km/L)37.0(km/L)41.0(km/L)37.7(km/L)40.0(km/L)50.1(km/L)43.0(km/L)
燃料タンク容量14(L)14(L)14(L)15(L)14(L)17(L)13(L)11(L)
メーカー希望小売価格
 
無756,000~(円)
有806,760~(円)
無599,400~(円)
有642,600~(円)
有629,640~(円)
 
無527,040~(円)
 
無567,000~(円)
有610,200~(円)
無553,500~(円)
有620,460~(円)
無498,960~(円)
有549,720~(円)
無459,000~(円)
有523,800~(円)

※有,無:ABSの有無

フルカウルモデルは高い空力性能を持ち、見た目通りスポーツ走行に向いているという特徴を持ちます。

現行の250ccフルカウルスポーツはいずれもサーキット走行を楽しむことが可能なポテンシャルを秘めており、その見た目から「250ccスーパースポーツ(SS)」と呼ばれることもあります。

このジャンルは、2008年の「カワサキ Ninja250R」の登場以降、“現在最も勢いのあるジャンル”でもあります。(詳しくはこちら→【近年の250ccスポーツブームに至るまでの流れと人気の理由とは・・・】

現在のラインナップは次の通り。

  • ホンダ CBR250RR
  • ヤマハ YZF-R25
  • カワサキ Ninja250
  • スズキ GSX250R

もともとは“街中を気軽に走れるカッコいいバイク”というニュアンスが強かったように感じますが、「YZF-R25」の登場以降は一転して高いスペックを追求しつつある、というのが昨今の流れですね。

そんな中、「GSX250R」だけは低回転寄りでちょっと個性的な乗り味を持っています。

関連記事

 

また、2019年の東京モーターショーでは久しぶりの250cc四気筒スポーツとなる「カワサキ Ninja ZX-25R」が公開されました。

2020年秋頃の発売予定とのこと。

こちらの記事↓にまとめています。

 

また参考出品車としてではありましたが、スズキのジクサーSF250(ジクサー250)も展示されていました。

こちらも10年以上ぶりとなる油冷エンジンという他にはない特徴を持った1台です。

詳細がわかり次第追記します。

 

ホンダ CBR250RR

ホンダ CBR250RR(2019)04

引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

2017年にデビューした「ホンダ CBR250RR」は文句なしの装備とスポーツ性能を誇り、新車価格が80万に迫る高値にも関わらず、好調な売れ行きを記録しました。

クラス初の「スロットルバイワイヤ(電子制御式スロットル)の採用によって3つのモード選択を可能とするなど、実用性と遊び心を両立しています。

性能に加えて細部のクオリティも断トツで、ライバルの追随を許しません。

スポーツ性能を追い求める人にとって、資金さえ問題にならなければCBR250RRは間違いのない選択肢と言えます。

 

ヤマハ YZF-R25(2019)

ヤマハ YZF-R25 2019 02

引用元:フォトライブラリー::YZF-R25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

2019年3月5日、新型YZF-R25の国内発売日の発表があり、公式ページも刷新されました。

発売日は2019年3月29日。

 

従来型からの主な変更点は次の3つ。

  1. エアロダイナミクスを追求した新外観
  2. 旋回時などの良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンションの採用
  3. 視認性の高いフルデジタルメーターの採用

MotoGPマシン「YZR-M1」を彷彿とさせるフロントマスクを手に入れて外観が大きく変わった新型YZF-R25、個人的にはマットブラックカラーが完全にツボ↓

ヤマハ YZF-R25 2019 11

引用元:フォトライブラリー::YZF-R25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

ただ今回の新型は「マイナーチェンジ」にあたり、エンジンやフレームの変更はなく、よく見るとテールデザインやホイール、マフラーなどもそのままのようです。

しかし、ライバル「CBR250RR」と同じ「φ37の倒立式フロントサスペンション」を採用したことでバネ下重量を低減しており、剛性バランスの向上によって旋回時や制動時のフロントの接地感も改善。

より走りの性能が意識されています。

ハンドル位置も従来より22mm低くなり、ライディングポジションもよりアグレッシブなものに変化。

いずれも諸元表からは見えにくい部分ですが、確実にスポーツ性能が向上する方向性と言えますね。

 

カワサキ Ninja250(2018年発売)

カワサキ Ninja250 KRT Edition

引用元:Ninja 250‣Ninja 250 KRT Edition│株式会社カワサキモータースジャパン

2018年にデビューした現行Ninja250は、先代モデルと比べて大幅にパワーアップを果たしました。

エンジンからフレームまで完全新設計のニューマシンは約7kgも軽量化。

400ccとも車体を共通としています(実はNinja400も軽量スポーツとしてかなりおすすめ)

スペック上はライバルの「CBR250RR」と比べてそん色有りませんが、スイングアームやフロントフォークなどの細かな装備の違いで価格を大きく抑えています。

コスパ重視の人にとってはありがたい選択肢となるはず!

 

スズキ GSX250R

スズキ GSX250R 05

引用元:壁紙ダウンロード│スズキ バイク

先述の通り、このクラスのフルカウルスポーツの中ではちょっと風変わりなスペックを誇るのがこの「GSX250R」です。

最大の特徴はエンジンのセッティング。

他のライバルが高回転型で高い最高出力を誇るのに対し、GSX250Rはどう見ても低回転寄りでトルクフルなエンジン特性を持っています。

最高出力は「18kW[24PS]/8,000rpm」とかなり控えめ。

対して最大トルクは「22N・m[2.2kgf・m]/6,500rpm」と単気筒エンジンを超えるほどの発生回転数の低さで、アメリカンでもないのに二気筒エンジンでよくこれだけ低回転寄りに作ったなという驚きすら湧いてきます。

明らかにエンジンを回してスポーツ走行を楽しむ用途には向いていないことがわかります。

じゃあどのようなステージが得意なのか。

それはずばり“街中”です。

低・中回転域で全ての力を出し切れるGSX250Rは、言い換えれば高速ステージにさえ突入しなければ大きなアドバンテージを持ち続けられるということ。

ストップアンドゴーの多い街中などのステージではこの上ない速さと快適さを発揮するわけです。

カジュアルに乗れるフルカウルスポーツが欲しい人には是非検討してほしい1台ですね。

 

2.250ccスポーツネイキッドの一覧と比較

          
外観ホンダ CB250Rヤマハ MT-25カワサキ Z250 パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック 320x240スズキ ジクサー(154cc)カワサキ Z250ホンダ CB250F(2017生産終了)カワサキ Z250SL(2017生産終了)ホンダ VTR(2017生産終了)ホンダ VTR Type LD(2017生産終了)
メーカー及び車名ホンダ CB250Rヤマハ MT-25カワサキ Z250スズキ ジクサー(154cc)カワサキ Z250(2019生産終了)ホンダ CB250F(2017生産終了)カワサキ Z250SL(2017生産終了)ホンダ VTR(2017生産終了)ホンダ VTR Type LD(2017生産終了)
気筒数単気筒二気筒二気筒単気筒二気筒単気筒単気筒二気筒二気筒
最高出力20[27]/9,000
(kW[PS]/rpm)
27[36]/12,000
(kW[PS]/rpm)
27[37]/12,500
(kW[PS]/rpm)
10[14]/8,000
(kW[PS]/rpm)
23[31]/11,000
(kW[PS]/rpm)
21[29]/9,000
(kW[PS]/rpm)
21[29]/9,700
(kW[PS]/rpm)
22[30]/10,500
(kW[PS]/rpm)
22[30]/10,500
(kW[PS]/rpm)
最大トルク23[2.3]/8,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
14[1.4]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/8,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/7,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/8,200
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/8,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/8,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量有144,無142(kg)無165(kg)有164(kg)無135(kg)有170(kg)有161,無158(kg)有148(kg)無160(kg)無160(kg)
全長×全幅×全高2,020×805×1,050
(mm)
2,090×745×1,035
(mm)
1,990×800×1,060
(mm)
2,005×785×1,030
(mm)
2,015×750×1,025
(mm)
2,035×760×1,045
(mm)
1,935×700×1,015
(mm)
2,080×725×1,055
(mm)
2,080×725×1,045
(mm)
軸間距離1,355(mm)1,380(mm)1,370(mm)1,330(mm)1,410(mm)1,380(mm)1,330(mm)1,405(mm)1,405(mm)
シート高800(mm)780(mm)795(mm)785(mm)785(mm)780(mm)785(mm)755(mm)740(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)44.5(km/L)37.7(km/L)37.0(km/L)58.8(km/L)38(km/L)50.1(km/L)39.0(km/L)40.0(km/L)40.0(km/L)
燃料タンク容量10(L)14(L)14(L)12(L)17(L)13(L)11(L)12(L)12(L)
メーカー希望小売価格503,280~(円)534,600~(円)597,240~(円)321,840~(円)553,500~(円)464,400~(円)437,400~(円)598,320~(円)609,120~(円)

※有,無:ABSの有無

250ccクラスの現行スポーツネイキッドは次の4車種。

  • ホンダ CB250R
  • ヤマハ MT-25
  • カワサキ Z250
  • スズキ ジクサー

このうち「MT-25」や「Z250」のように、ベースとなるフルカウルモデルからカウルを取り払った兄弟車のことを「ストリートファイター」と呼ぶことがあります。

基本的にエンジン性能や足回りなどの仕様はフルカウルモデルと変わりないことが多いですが、カウルを外した分わずかに車体が軽いのが特徴で、その反面風防面や空力面ではやや劣ります。

また、ストリートファイターモデルにはバーハンドルが採用されていることが一般的で、乗車姿勢はフルカウルスポーツと比べるとややマイルドとなり、より街乗りに適している傾向にあります。

 

ホンダ CB250R(2018年発売)

ホンダ CB250R 01

引用元:デザイン│CB250R│Honda

CB250Rの開発コンセプトは「日常の移動を遊びに変える “SPORTS ROADSTER” 」

デザイン的には“ネオスポーツカフェ”をコンセプトとする「CB1000R」などとは兄弟車という位置付けです。

丸型ヘッドライトはLEDライトが内蔵されたタイプで、伝統的な形状でありながらどこかモダンな雰囲気を感じさせますね。

2017年に生産終了となった単気筒モデル「CBR250R」及びストリートファイターモデルの「CB250F」と比べると、排ガス規制の影響かややパワーを抑えられていますが、車重が圧倒的に軽いのが特徴です(CB250Fと比べて16~17kgほども軽量)

横から見ると重量物が中心に寄ったようなマッシブなデザインをしており、操作性、運動性の高さからスペック以上の走りが期待できます。

 

ヤマハ MT-25

ヤマハ MT-25 02

引用元:フォトライブラリー:MT-03/MT-25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

MT-25は先代の「YZF-R25」をベースとしたストリートファイターモデルであり、ヤマハの人気シリーズ「MT」の名を冠されたネイキッドでもあります。

樹脂製タンクカバーとMTシリーズらしいエアインテークデザイン、純正アンダーカウルにより、カウルを脱いでもまた違ったマッシブなボディとスポーティーさを手に入れています。

ここまでデザインが完成されていると「カウルを脱いだストリートファイターモデル」と称するのに申し訳なさを感じるほど。

 

ヤマハ MT-25 08

引用元:特徴紹介:MT-03/MT-25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

ヘッドランプ上部のアイライン風LEDポジションランプも個性的。

 

中身は先代の「YZF-R25」と同等ですが、こちらはよりアップライトなポジションを取ります。

先代の「YZF-R25」はライバルの「CBR250RR」や「Ninja250」と比べるとややスペックで後れを取っていましたが、MT-25であればこのくらいが扱いやすく、スタイルと完全にマッチしています。

もちろんその気になればワインディングも十分に楽しめますから、幅広く自由に遊べる万能バイクと言えます。

「ガタイの良い250ccネイキッド」を探している人にはかなりおすすめできますが、そういう意味では、先の「CB250R」と比較してみるのも面白いかもしれませんね。

 

カワサキ Z250(2019年発売)

カワサキ Z250 パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック引用元:Z250│株式会社カワサキモータースジャパン

2019年1月23日、新型Z250の発売が発表されました。

発売日は2019年2月15日。

2018年にフルモデルチェンジしたNinja250をベースとしており、フレームや装備はほとんど共通です。

 

カワサキ Z250 フロントビュー

引用元:Z250│株式会社カワサキモータースジャパン

外観ですが、先代のZ250と比べるとエッジの効いたフロントマスクによって、雰囲気がよりシャープになりましたね。

もう「本官さん」とは言わせない・・・!

むしろ昨今の異形ヘッドライトの中ではかなりカッコ良い方なのではないでしょうか。

価格は597,240円~と特別安くはありませんが、629,640円~のNinja250と比べると32,400円も安価です。

これで27kW(37PS)/12,500rpm、164kgというハイスペックなのですから、考えようによってはかなりお買い得かもしれませんね。

 

スズキ ジクサー

スズキ ジクサー 引用元:ジクサー│スズキ バイク

ジクサーは154ccという、日本ではあまりなじみのない排気量を採用したネイキッドバイクです。

この排気量はスクーターなどでは徐々に認知度が広がりつつありますが、MTバイクではかなりレアですね。

外観は流行のストリートファイターを感じさせるもので、車体サイズは一般的な250ccクラスと比較しても大きな差はありません。

センタースタンドを標準装備しており、メンテナンス性が良いのも◎。

それでいて車重135kgと圧倒的に軽く、燃費も驚異的。

321,840円という価格も素晴らしいですね。

そのコスパの良さからセカンドバイクとしてもおすすめです。

 

3.250ccクルーザー(アメリカン)の一覧と比較

   
外観
ホンダ レブル250
ヤマハ ドラッグスター250(JBK-VG05J)
メーカー及び車名ホンダ レブル250ヤマハ ドラッグスター250(2017生産終了)
気筒数単気筒二気筒
最高出力19[26]/9,500
(kW[PS]/rpm)
15[20]/8,000
(kW[PS]/rpm)
最大トルク22[2.2]/7,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
19[1.9]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量有170,無168(kg)無160(kg)
全長×全幅×全高2,190×820×1,090
(mm)
2,320×935×1,070
(mm)
軸間距離1,490(mm)1,530(mm)
シート高690(mm)670(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)46.5(km/L)51.0(km/L)
燃料タンク容量11(L)11(L)
メーカー希望小売価格537,840~(円)594,000~(円)

※有,無:ABSの有無

250ccアメリカンは2017年の「ヤマハ ドラッグスター250」の生産終了でほぼ全滅状態。

現行モデルで該当しそうなのは「ホンダ レブル250」ただ1車種のみです。

 

生産終了したモデルはこちらの記事↓にまとめていますので、250ccアメリカンを検討する場合は是非参考にしてください。

 

ホンダ レブル250

ホンダ レブル250 03

引用元:デザイン│Rebel250│Honda

レブル250はゴリゴリのアメリカンというよりは、「クルーザー」あるいは「ストリート系バイク」と呼んだ方がしっくりくる1台です。

見た目からは単気筒でのんびり走るのに最適かと思いきや、意外と高回転型のキャラクターなのが特徴的。

エンジンを回してその気になれる、実際にスポーティーな乗り味も楽しめる1台です。

もちろん、見た目通りのんびり街中を流すのも最高におしゃれですよね。

フレームを共有する兄弟車に「レブル500」もラインナップされています。

 

2019年モデルは従来色の「グラファイトブラック」(左上)、「マットアーマードシルバーメタリック」(右上)に加え、「パールカデットグレー」(左下)と「マットフレスコブラウン」(右下)の2色が新設定。

計4色となり選択肢が豊富に↓(レモンアイスイエローはなくなりました)

ホンダ レブル250 2019カラー4色

引用元:タイプ・価格│Reble250│Honda

 

本当は次のストリート・トラッカーに大別しても良かったのですが、アメリカンなしはちょっとさみしいので・・・。

 

4.250ccストリート・トラッカーの一覧と比較

         
外観ヤマハ トリッカー(2019)ホンダ FTR(生産終了)ホンダ CB223S(生産終了)スズキ グラストラッカー(生産終了)スズキ グラストラッカー ビッグボーイ(生産終了)スズキ ST250(生産終了)スズキ バンバン200(生産終了)カワサキ ESTRELLA(生産終了)
メーカー及び車名ヤマハ トリッカーホンダ FTR(2017生産終了)ホンダ CB223S(2017生産終了)スズキ グラストラッカー(2017生産終了)スズキ グラストラッカー ビッグボーイ(2017生産終了)スズキ ST250(2017生産終了)スズキ バンバン200(2017生産終了)カワサキ ESTRELLA(2017生産終了)
気筒数単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒
最高出力14[20]/7,500
(kW[PS]/rpm)
12[16]/7,000
kW[PS]/rpm)
12[16]/7,000
(kW[PS]/rpm)
14[19]/7,500
(kW[PS]/rpm)
14[19]/7,500
(kW[PS]/rpm)
14[19]/7,500
(kW[PS]/rpm)
12[16]/8,000
(kW[PS]/rpm)
13[18]/7,500
(kW[PS]/rpm)
最大トルク20[2.1]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
18[1.8]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
18[1.8]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
15[1.5]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
18[1.8]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量127(kg)無128(kg)無135(kg)無136(kg)無139(kg)無146(kg)無128(kg)無161(kg)
全長×全幅×全高1,980×800×1,145
(mm)
2,080×910×1,115
(mm)
2,100×780×1,110
(mm)
2,050×900×1,130
(mm)
2,200×910×1,145
(mm)
2,070×750×1,075
(mm)
2,140×865×1,125
(mm)
2,075×755×1,055
(mm)
軸間距離1,330(mm)1,395(mm)1,395(mm)1,325(mm)1,405(mm)1,375(mm)1,375(mm)1,410(mm)
シート高810(mm)780(mm)780(mm)750(mm)790(mm)770(mm)770(mm)735(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)45.2(km/L)43.0(km/L)41.0(km/L)48.0(km/L)48.0(km/L)48.0(km/L)51.5(km/L)39.0(km/L)
燃料タンク容量7.0(L)7.2(L)11(L)8.4(L)8.4(L)12(L)6.5(L)13(L)
メーカー希望小売価格467,640~(円)421,200~(円)430,920~(円)430,920~(円)463,320~(円)484,920~(円)437,400~(円)536,760~(円)

※有,無:ABSの有無

250ccにはかつてストリート・トラッカータイプのバイクが豊富にラインナップされ、過去には一台ムーブメントを巻き起こしたこともありましたが、2017年の排ガス規制のあおりを受けてその全てが生産終了となってしまいました。

現行のトリッカーは排ガス規制の翌年に復活したニューモデル。

トリッカーは厳密には「フリーライド・プレイバイク」という独自のジャンルを切り開いたバイクですが、あまり一般的ではないのでここではストリート・トラッカーとして紹介したいと思います。

 

ちなみに生産終了したストリート・トラッカーはこちらの記事でまとめています↓

タイトル通り、元々価格が安く整備性の良かったストリート・トラッカーは中古車でも狙い目です。

 

ヤマハ トリッカー(2018年発売)

ヤマハ トリッカー(2018)

引用元:トリッカー – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

先述の通り、トリッカーは2017年に一度生産終了となり、その翌年に新型となって復活を遂げました。

新型と旧型の違いは次の通り。

  • 最高出力(14kW[18ps]/7,500rpm→14kW[20ps]/7,500rpm
  • 最大トルク(18N・m[1.9kgf・m]/6,500rpm→20N・m[2.1kgf・m]/6,500rpm
  • 車両重量(125kg→127kg
  • 価格(427,600円→467,640円

この他、タンク容量は7.2L→7.0Lと減少しましたが、60km/h定地走行時の燃費は39km/L→45.2km/Lと大きく伸びており、走行可能距離は増えています(計算上は35.6km増)

重量は2kg増えてしまいましたが、それでも同クラスにおいては十分に驚異的な軽さ。

遊べる250ccバイクの筆頭であることに変わりはありません。

外観はカラーリングを除けば2017年モデルとほとんど違いがありません(排ガス規制対応用のキャニスターが付いたくらい)

「都会の似合う遊べるバイク」が欲しければ、トリッカーは必ず選択肢に挙がるはず。

 

5.250ccデュアルパーパス(オフロード&モタード)の一覧と比較

            
外観ホンダ CRF250L 240ホンダ CRF250L TYPE-LD 240ホンダ CRF250M 240 01ホンダ CRF250 RALLYホンダ CRF250 RALLY Type LDカワサキ VERSYS-X 250カワサキ VERSYS-X 250 TOURERスズキ Vストローム250ヤマハ セロー250(2018)ヤマハ ツーリングセロー(2018)カワサキ KLX230 ライムグリーン 240
メーカー及び車名ホンダ CRF250Lホンダ CRF250L TYPE-LDホンダ CRF250Mホンダ CRF250 RALLYホンダ CRF250 RALLY Type LDカワサキ VERSYS-X 250カワサキ VERSYS-X 250 TOURERスズキ Vストローム250ヤマハ セロー250(2018)ヤマハ ツーリングセロー(2018)カワサキ KLX230
気筒数単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒二気筒二気筒二気筒単気筒単気筒単気筒
最高出力18[24]/8,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,500
(kW[PS]/rpm)
24[33]/11,500
(kW[PS]/rpm)
24[33]/11,500
(kW[PS]/rpm)
18[24]/8,000
(kW[PS]/rpm)
14[20]/7,500
(kW[PS]/rpm)
14[20]/7,500
(kW[PS]/rpm)
14[19]/7,600
(kW[PS]/rpm)
最大トルク23[2.3]/6,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/6,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/6,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/6,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/6,750
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
21[2.1]/10,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
20[2.1]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
20[2.1]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
19[1.9]/6,100
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量無144(kg)無143(kg)無146(kg)有157,無155(kg)有156,無154(kg)有175(kg)有183(kg)無188(kg)無133(kg)セロー250+α無134(kg)
全長×全幅×全高2,195×815×1,195
(mm)
2,175×815×1,150
(mm)
2,125×815×1,150
(mm)
2,210×900×1,425
(mm)
2,175×900×1,360
(mm)
2,170×860×1,390
(mm)
2,170×940×1,390
(mm)
2,150×880×1,295
(mm)
2,100×805×1,160
(mm)
セロー250+α2,105×835×1,165
(mm)
軸間距離1,445(mm)1,430(mm)1,445(mm)1,455(mm)1,430(mm)1,450(mm)1,450(mm)1,425(mm)1,360(mm)1,360(mm)1,380(mm)
シート高875(mm)830(mm)855(mm)895(mm)830(mm)815(mm)815(mm)800(mm)830(mm)830(mm)885(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)44.3(km/L)44.3(km/L)44.3(km/L)44.3(km/L)44.3(km/L)30.0(km/L)30.0(km/L)39.0(km/L)39.0(km/L)39.0(km/L)38.0(km/L)
燃料タンク容量7.8(L)7.8(L)7.8(L)10(L)10(L)17(L)17(L)17(L)9.3(L)9.3(L)7.4(L)
メーカー希望小売価格
 
497,880~(円)
 
497,880~(円)
 
538,920~(円)
 
有702,000~(円)
無648,000~(円)
有702,000~(円)
無648,000~(円)
629,640~(円)
 
683,640~(円)
 
570,240~(円)
 
564,840~(円)
 
619,920~(円)
 
495,000~(円)
 

※有,無:ABSの有無

「デュアルパーパス」とは、簡単に言えば「オフロードでの走行を意識した装備・構造を持ちながら、オンロードでの走行にも対応しているバイクのことです。

一般的に「オフロードバイク」と呼ばれるものでも、公道走行可能であれば似たようなジャンルを指すと考えて問題ありません。

ただし、呼び方は他にも「マルチパーパス」、「アルプスローダー」、「アドベンチャー」などなど複数あり、明確な区分けは困難です(これは他のジャンルにも言えることですが)

さて、現行250ccバイクでデュアルパーパスに該当するのは次の6種類。

 

  • ホンダ CRF250L
  • ホンダ CRF250M
  • ホンダ CRF250 RALLY
  • カワサキ VERSYS-X 250 (TOURER)
  • スズキ Vストローム250
  • ヤマハ セロー250 (ツーリングセロー)
  • カワサキ KLX230

 

中でも「CRF250 RALLY」、「VERSYS-X 250 TOURER」、「Vストローム250」、「ツーリングセロー」あたりは、一般的なデュアルパーパスより「アドベンチャーツアラー」といったツアラー的な要素が強いジャンルに分類することも可能です。

250ccなのに“快適に”長距離ツーリングができるため、昨今流行のアウトドア用途にも持ってこい↓

 

アドベンチャーツアラーについてはこちらの記事↓で詳しくまとめています。

 

ホンダ CRF250L

ホンダ CRF250L 03

引用元:デザイン│CRF250L│Honda

CRF250Lはいわゆるオフロード然としたバイクですが、見た目以上にオンロード走行も得意なバイクです。

車重は144kgと「セロー250」(133kg)などと比べるとやや重さがあり、純粋なオフロード性能という意味ではこの「セロー250」が強力なライバルとなります。

ただ「セロー250」より67,000円近くも安いので、オフロードも走るけどどちらかと言えばオンロードがメインという場合には是非検討したい1台ですね。

ベースモデルはシート高が875mmもありますが、830mmまで下げたローダウン仕様車「CRF250L Type LD」もラインナップされています。

 

ホンダ CRF250M

ホンダ CRF250M 04

引用元:デザイン│CRF250M│Honda

先の「CRF250L」のオンロードモデルがCRF250Mです。

オフロードバイクにオンロードのタイヤを装着した、いわゆる“モタード”というジャンルのバイクですね。

「CRF250L」との最も大きな違いはタイヤ。

先述の通りオンロード用の小径タイヤに変更されており、よりクイックな操作感を実現しています。

またグリップの向上したタイヤに合わせてフロントブレーキが強化されています。

軽量でとにかく重心が高いので、ヒラヒラと走るのが得意。

街中を軽快に走るのにも向いているので、「通勤通学快速仕様」にも向いていますね。

軽くて扱いやすいバイクが欲しいけどオフロードはほとんど走らないという人におすすめ。

 

ホンダ CRF250 RALLY

ホンダ CRF250RALLY(ABS) 02

引用元:デザイン│CRF250 RALLY│Honda

「CRF250 RALLY」は「CRF250L」をベースにアドベンチャー要素を強めたバイク。

ライバルのアドベンチャータイプと比べるとタンク容量が控えめなものの、「CRF250L」譲りの軽い車体と高い走破性は魅力的。

燃費が良いのもGood.

画像だけ見るとオフ車っぽいその見た目からコンパクトそうに感じられますが、実際は専用装備のミドルカウルとアンダーカウル、大型のウインドスクリーンによって、近くで見るとかなり迫力があります。

特徴的なデュアルライトによる個性的な見た目は、このクラスでは唯一無二の存在感を放っていますね。

 

カワサキ VERSYS-X 250 (TOURER)

カワサキ VERSYS-X 250 TOURER メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン引用元: VERSYS-X 250 TOURER・VERSYSVERSYS-X 250│株式会社カワサキモータースジャパン

「VERSYS-X 250」は先代Ninja250譲りのパワフルな動力性能が持ち味で、ちょっとしたワインディングも楽しめるスポーティーさを持っています。

その分ライバルと比べると高回転寄りなので、やや燃費は悪め。

「VERSYS-X 250 TOURER」という豪華装備版の存在も見逃せません(画像はTOURER)

こちらはパニアケースが標準装備されている影響もあるでしょうが、250ccにしては車格も大きく、価格にも納得できるだけの高級感を感じることができるはずです。

 

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250 01引用元:壁紙ダウンロード│スズキ バイク

「Vストローム250」の魅力の一つが航続可能距離の長さ。

なんとスペック上はの航続可能距離は552.5km(!)という驚きの数値です。

ライバル勢を見てみると、「CRF250 RALLY」が約331km、「VERSYS-X 250」が約421.6km、「セロー250」が約359.9kmと、かなりの差があることがわかります。

各種積載装置の拡張性も高く、市街地からちょっとしたツーリングまで幅広くこなします。

価格も安くて経済的ですし、アドベンチャーらしい見た目もGood。

ライバルと比べてもコスパの高さはピカイチですね。

 

ヤマハ セロー250 / ツーリングセロー(2018年発売)

ヤマハ セロー250(2018)

引用元:フォトライブラリー:セロー250 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

セロー250も「トリッカー」と同様、2017年に一度生産終了となり、その翌年に新型となって復活を遂げました。

新型と旧型の違いは次の通り。

  • 最高出力(14kW[18ps]/7,500rpm→14kW[20ps]/7,500rpm
  • 最大トルク(18N・m[1.9kgf・m]/6,500rpm→20N・m[2.1kgf・m]/6,500rpm
  • 車両重量(130kg→133kg
  • 価格(507,600円→564,840円
  • 外観(リアフェンダーの形状変更、テールランプのLED化)

 

「セロー250」はありとあらゆる道を走破することが可能な“マウンテン・トレール”と呼ばれるバイクです。

その魅力は何と言っても扱いやすさと汎用性の高さにあります。

林道、砂利道はもちろん、舗装路においてもちょっとしたワインディングもソツなくこなす万能っぷり。

足つきが良く耐久性もなかなかなので、初心者にもおすすめできる1台です。

 

今回新たに設定された「ツーリングセロー」は、ワイズギヤ製の「アドベンチャースクリーン」、「ハンドルガード」、「アドベンチャーリアキャリア」に「アルミアンダーガード」が標準装備されたモデル。

いずれも“旅バイク”としてのポテンシャルはかなりのものです。

詳しくはこちら↓

 

カワサキ KLX230(2019年発売)

カワサキ KLX230 エボニー

引用元:KLX230 | 株式会社カワサキモータースジャパン

※実際のモデルはフロント・リヤのウインカーがクリアレンズで形状が異なります。
またABS、シートバンド、ヘルメットロックが標準装備です。

2016年にKLX250が姿を消して以降、久しぶりにこのクラスにカワサキのオフロードバイクが復活を果たしました。

先述の通り、昨今の250㏄クラスにおいてはアドベンチャー系、クロスオーバー系のバイクが増えはしましたが、純粋にオフロードを楽しめるバイクは多くありません。

そんな中、このKLX230はかなり本格的な1台と言えそうです。

筆頭ライバルは先の「ヤマハ セロー250」ですが、スペックを見ればお判りの通り、シート高さにはかなりの違いが見られます。

  • セロー250:830mm
  • KLX230 :885mm

価格はKLX230の方が8万円ほど安く、なんと50万円を切ります。

かなりお買い得感がありますね。

 

6.ビッグスクーターの一覧と比較│~250cc

          
外観ホンダ フォルツァヤマハヤマハ XMAX XMAXスズキ バーグマン200ホンダ PCX1ホンダ PCX15050ヤマハ マジェスティSヤマハ NMAX155ホンダ フォルツァSi(2017生産終了)ヤマハ マジェスティ(2017生産終了)ヤマハ マグザム
メーカー及び車名ホンダ フォルツァヤマハ XMAXスズキ バーグマン200ホンダ PCX150ヤマハ マジェスティSヤマハ NMAX155ホンダ フォルツァSi(2017生産終了)ヤマハ マジェスティ(2017生産終了)ヤマハ マグザム(2017生産終了)
気筒数単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒単気筒
最高出力17[23]/7,500
(kW[PS]/rpm)
17[23]/7,000
kW[PS]/rpm)
13[18]/8,000
(kW[PS]/rpm)
11[15]/8,500
(kW[PS]/rpm)
11[15]/7,500
(kW[PS]/rpm)
11[15]/8,000
(kW[PS]/rpm)
17[23]/7,500
(kW[PS]/rpm)
14[19]/6,500
(kW[PS]/rpm)
15[20]/7,500
(kW[PS]/rpm)
最大トルク24[2.4]/6,250
(N・m[kgf・m]/rpm)
24[2.4]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
16[1.6]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
14[1.4]/6,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
14[1.4]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
14[1.4]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
23[2.3]/6,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/5,000
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/5,500
(N・m[kgf・m]/rpm)
車両重量有184(kg)有179(kg)無163(kg)有131,無131(kg)無145(kg)有128(kg)有194,無192(kg)無188(kg)無201(kg)
全長×全幅×全高2,140×750×1,355
(mm)
2,185×775×1,415
(mm)
2,055×740×1,355
(mm)
1,925×745×1,105
(mm)
2,030×715×1,115
(mm)
1,955×740×1,115
(mm)
2,165×755×1,185
(mm)
2,175×770×1,185
(mm)
2,365×820×1,060
(mm)
軸間距離1,510(mm)1,540(mm)1,465(mm)1,315(mm)1,405(mm)1,350(mm)1,545(mm)1,550(mm)1,615(mm)
シート高780(mm)795(mm)735(mm)764(mm)795(mm)765(mm)715(mm)700(mm)655(mm)
定地燃費値(60km/h 2名乗車時)41.0(km/L)40.7(km/L)36.0(km/L)52.9(km/L)40.0(km/L)49.9(km/L)41.0(km/L)38.0(km/L)37.0(km/L)
燃料タンク容量11(L)13(L)10(L)8.0(L)7.4(L)6.6(L)11(L)12(L)14(L)
メーカー希望小売価格
 
646,920~(円)
 
642,600~(円)
 
523,800~(円)
 
有395,280~(円)
無373,680~(円)
372,600~(円)
 
378,000~(円)
 
有605,880~(円)
無555,120~(円)
722,520~(円)
 
702,000~(円)
 

※有,無:ABSの有無

250ccクラスのスクーター、いわゆる「ビッグスクーター」は先のストリート・トラッカーブームとは比較にならないほど大きなブームを巻き起こしました。

そんな250ccビッグスクーターも現行モデルは「フォルツァ」と「XMAX」のみで、「バーグマン」は199ccとやや控えめ。

代わりに150cc前後のより使い勝手に特化したスクーターが人気を集めています。

現行モデルの一覧がこちら↓

    • ホンダ フォルツァ
  • ヤマハ XMAX
  • スズキ バーグマン200
  • ホンダ PCX150
  • ヤマハ マジェスティS
  • ヤマハ NMAX155
  • ヤマハ トリシティ155

 

上記のスクーターに関してはこちらの記事に詳しくまとめていますので、ここでは割愛させていただきます↓

 

250ccバイクの特徴とおすすめポイント

国内メーカーの現行モデルはこれで以上です。

 

最後に簡単に250ccバイクの特徴をおさらいしてみましょう。

  • 車検がない
  • 自動車専用道路(高速道路など)を走れる
  • 街乗りからちょっとしたツーリングまでこなす必要十分な性能
  • 取り回しが楽

ざっと挙げてみましたが、要するに乗るのも維持するのもお手軽で、それでいて高速道路やツーリングもこなす250㏄は、オールマイティーさがハンパないんですよね。

 

まず車検が要らないことは、費用的なメリットの他に精神的な安定をもたらします。

・・・と言うと大げさかもしれませんが、仮に気が向いたときにしか乗らないのであれば、2年に1回の車検費用もなんだかもったいない気がしますよね。

通勤などで毎日使うことができれば良いんですけど、通勤ならそれこそ250ccやそれ以下の排気量で十分ですし、逆に車検の必要な400㏄クラスから上は毎日使おうとするとその車体の大きさから取り回しが面倒で持て余すこともあったり・・・。

つまり400cc以上のバイクは250ccより利用頻度が低くなりがちなのに車検が必要というジレンマを抱えているわけです。

車検の費用自体は「ユーザー車検」を受けることでかなり抑えることが可能です。

しかし、費用を抑えられたとしても単純に”車検の存在そのものが面倒くさい”と感じる人も多いはず。

管理人は「次の○月には車検だ・・・」なんて考えるだけでちょっと憂鬱になります・・・。

その点、250ccのバイクは面倒な車検がないにも関わらず、自動車専用道路の走行も可能で通勤からちょっとしたツーリング、ワインディングまでこなすオールマイティーさを持っているわけです。

関連記事

 

また250ccは一般的に車体サイズも車重もそれほど大きくないので、押したり引いたりはもちろん、狭いスペースへの駐車や細かな路地への進入も容易と、取り回しが楽な点が見逃せません。

絶対的なスピードは大型バイクにはかないませんが、250ccバイクは気軽に所有したり走らせることができるのが最大のメリットと言えます。

大型バイクを「GT-R」に例えるなら、250ccは人馬一体の「ロードスター」、といったところでしょうか。

持て余す性能よりも使いこなせる性能の方が楽しい場合も多々ありますし、初心者のメインとしても、車や大型バイクをメインとするユーザーの”2つ目の足”としてもおすすめできるクラスではないかと思います。

 

気筒数による違い

このクラスから「二気筒エンジン」を搭載したバイクが増え始めます。

そこで、ここで簡単に気筒数による違いをまとめておきたいと思います。

車重やギヤ比などによっても特性は変化するため、必ずこの限りというわけではありませんが、大きくは以下のような傾向となります。

  • 車重      単気筒<二気筒
  • 低回転のトルク 二気筒<単気筒
  • 最高速     単気筒<二気筒
  • 振動(鼓動感) 二気筒<単気筒
  • 価格      単気筒<二気筒
  • 整備性     二気筒<単気筒

 

一般的に、気筒数が多いほど“なめらかな高回転型”となる傾向があり、昨今のラインナップを見ても、よりハイスペックなバイクには二気筒エンジンが搭載される傾向にあります。

逆に単気筒エンジンは高回転まで回すと振動が大きくなりやすい傾向にありますが、250㏄程度であればさほど気にならないという人も多いようですね。

むしろ単気筒には軽くて低速トルクが強く、ヒラヒラと走りやすいというメリットもあります。

一長一短なので一概にどちらが良いとは言えませんが、是非バイクを選ぶ際は上記の違いも参考にしてみてください。

 

あとがき│見た目で気に入ったモデルがあれば250ccバイクはかなりおすすめ!

管理人は2017年初頭にVTRを購入しましたが、それまで約2年間も何に乗り換えるか迷っていました。

当時はYZF-R25が出たばかりで先代のNinja250と比較検討したり、そのうちYZF-R25の派生モデルMT-25や単気筒スポーツのNinja250SL、Z250SLまで気になりだし、極めつけはCBR250RRの噂が流れ始めて手が出せなくなり・・・。

でもあれだけ悩んでいたのに、結局CBR250RRの登場も待たずにVTRを購入してしまいました(2016年11月契約)

 

実質の最終モデルとなった「Special Edition」に一目ぼれしてしまったんですよね(笑

生産終了になるという噂や、そのタイミングで10年落ち約3万キロのオンボロマグザムに新車価格の10%以上も出してくれると言うバイク王さんにも後押しされる形となりましたが(笑

詳しくはこちら↓

 

そして、結果論ですが見た目はとても大切でした。

250ccのくせにバッチリ所有欲を満たしてくれていますからね。

性能重視だと上には上がいますから、こうはいかなかったかもしれません

こんなまとめをしておいて何言ってんだって感じですが、もし見た目の気に入った250ccバイクに出会えたらラッキーだと思った方が良いかもしれません。

中身も魅力的なバイクが勢ぞろいですし、排気量やスペックから解放されて心が軽くなりますよ!

 

とはいえ、バイクを選んでいるときってスペックを比較するだけでも楽しいんですよね。

旅行は計画しているときが一番楽しいと言う人がいますが、それに近いかもしれません。

乗り換えを考えている人は存分にバイク選びを楽しんでくださいね♪