今250ccが熱い!最新タイプ別おすすめバイク一覧【2019年版】

ホンダ CBR250RR(2019) 排気量別バイク一覧

2017年には排ガス規制によりバイクの生産終了ラッシュがありましたが、バイク業界が完全に下火かと言うと決してそんなことはありません。

もちろんピーク時と比べれば全体的な販売台数は落ち込んでいますが、東南アジアでの需要の高さもあり、今250ccクラスのバイクを中心に再び盛り上がりを見せています。

250ccといえば、日本でも”車検が要らないお手頃さ”や”街中を走るのに十分な性能”を持ったバイクとして昔から需要がありますね。

メインのバイクとしてもセカンドバイクとしても、幅広い選択が可能な点がこの250cc最大のメリットと言えます。

2019年現在の250ccクラスにはどんな魅力的なマシンがラインナップされているのか、今回は国内250ccバイクについてまとめてみたいと思います♪

アイキャッチ画像引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

 

スポンサーリンク

250ccバイクの特徴とおすすめポイント

まず250ccバイクの特徴をまとめてみましょう。

  • 車検がない
  • 自動車専用道路(高速道路など)を走れる
  • 街乗りからちょっとしたツーリングまでこなす必要十分な性能
  • 取り回しが楽

ざっと挙げてみましたが、要するに乗るのも維持するのもお手軽で、それでいて高速道路やツーリングもこなす250㏄は、オールマイティーさがハンパないんですよね。

 

まず車検が要らないことは、費用的なメリットの他に精神的な安定をもたらします。

・・・と言うと大げさかもしれませんが、仮に気が向いたときにしか乗らないのであれば、2年に1回の車検費用もなんだかもったいない気がしますよね。

通勤などで毎日使うことができれば良いんですけど、通勤ならそれこそ250ccやそれ以下の排気量で十分ですし、逆に車検の必要な400㏄クラスから上は毎日使おうとするとその車体の大きさから取り回しが面倒で持て余すこともあったり・・・。

つまり400cc以上のバイクは250ccより利用頻度が低くなりがちなのに車検が必要というジレンマを抱えているわけです。

車検の費用自体は「ユーザー車検」を受けることでかなり抑えることが可能です。

しかし、費用を抑えられたとしても単純に”車検の存在そのものが面倒くさい”と感じる人も多いはず。

管理人は「次の○月には車検だ・・・」なんて考えるだけでちょっと憂鬱になります・・・。

その点、250ccのバイクは面倒な車検がないにも関わらず、自動車専用道路の走行も可能で通勤からちょっとしたツーリング、ワインディングまでこなすオールマイティーさを持っているわけです。

 

また250ccは一般的に車体サイズも車重もそれほど大きくないので、押したり引いたりはもちろん、狭いスペースへの駐車や細かな路地への進入も容易と、取り回しが楽な点が見逃せません。

絶対的なスピードは大型バイクにはかないませんが、250ccバイクは気軽に所有したり走らせることができるのが最大のメリットと言えます。

大型バイクを「GT-R」に例えるなら、250ccは人馬一体の「ロードスター」、といったところでしょうか。

持て余す性能よりも使いこなせる性能の方が楽しい場合も多々ありますし、初心者のメインとしても、車や大型バイクをメインとするユーザーの”2つ目の足”としてもおすすめできるクラスではないかと思います。

 

ちなみにセカンドバイクであれば125ccという魅力的なカテゴリーもあります↓

 

気筒数による違い

このクラスから「二気筒エンジン」を搭載したバイクが増え始めます。

そこで、ここで簡単に気筒数による違いをまとめておきたいと思います。

ギヤ比などによっても特性は変化するため、必ずこの限りというわけではありませんが、大きくは以下のような傾向となります。

  • 車重      単気筒 < 二気筒
  • 低回転のトルク 二気筒 < 単気筒
  • 最高速     単気筒 < 二気筒
  • 振動(鼓動感) 二気筒 < 単気筒
  • 価格      単気筒 < 二気筒
  • 整備性     二気筒 < 単気筒

 

一般的に、気筒数が多いほど“なめらかな高回転型”となる傾向があり、四気筒(いわゆるマルチ)ともなるとそれは顕著になります。

しかし、かつて人気を博した250ccマルチは残念ながら2019年現在絶滅状態。

逆に単気筒は軽くて低速に強いというメリットがある反面、振動が大きくなることが一般的ですが、250㏄程度であれば気にならないという人も多いと思います。

個人的には250ccにおける二気筒は単気筒と四気筒の”イイトコ取り”と考えて差し支えないと思います。

 

スポンサーリンク

250ccバイクの人気ジャンルと過去のブーム

このクラスのバイクはかつて様々なブームを巻き起こしてきました。

記憶に新しいところだけでも次の通り。

  • 「ヤマハ TW200/225」をはじめとした”ストリート・トラッカーブーム”
  • 「ヤマハ マジェスティ」をはじめとした”ビッグスクーターブーム”
  • 「カワサキ Ninja250R」登場以降の”フルカウル・スポーツブーム”(現在進行形)
  • それらからカウルを外した”ストリートファイターブーム”(これはちょっと弱いかな?)

更に最近では250ccクラスにも”アドベンチャー・ツアラー”と呼ばれるバイクが出てきて注目を集めています。

 

ジャンル・タイプで言えば、他にも”クルーザー(アメリカン)””デュアルパーパス(モタード・オフロード)”などがありますが、250ccクルーザーで現役なのは「ホンダ レブル250」のみ、アドベンチャー系を除いた250ccデュアルパーパスで現役なのは、復活した「ヤマハ セロー250」と「ホンダ CRF250M/L」のみです。

 

かつて「ビッグスクーター」と呼ばれたジャンルは、250ccクラスこそヤマハの「XMAX」とホンダの新型「フォルツァ」のみですが、少し下の排気量を見れば155ccの「マジェスティS」、「NMAX155」、「トリシティ155」、150㏄の「ホンダ PCX150」など、実は今も豊富にラインナップされています。

 

250ccストリート・トラッカーに至っては、現役モデルは2018年に復活したばかりの「ヤマハ トリッカー」のみ。

しかし、生産終了となった車種であってもまだまだ良質な中古車を豊富に見つけることが可能です。

 

こうやって見るとタイプごとの人気不人気の波が激しいクラスと言えるかもしれませんね。

さて、ここでは2019年現在もラインナップが豊富な「スポーツ」、「アドベンチャーツアラー」、「ストリート・トラッカー」の3タイプについて、おすすめのバイクをピックアップして簡単に比較してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

250ccバイク│スポーツタイプの一覧と比較【2019】

ホンダ CBR250RR 02

引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

メーカー及び車名気筒数最高出力最大トルク車両重量全長×全幅×全高軸間距離シート高定地燃費値(60km/h 2名乗車時)燃料タンク容量メーカー希望小売価格外観
ホンダ CBR250RR二気筒28[38]/12,500(kW[PS]/rpm)23[2.3]/11,000(N・m[kgf・m]/rpm)有167,無165(kg)2,065×725×1,095(mm)1,390(mm)790(mm)40.1(km/L)14(L)756,000~(円)ホンダ CBR250RR
ヤマハ YZF-R25二気筒26[35]/12,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)有170,無167(kg)2,090×720×1,135(mm)1,380(mm)780(mm)37.7(km/L)14(L)567,000~(円)ヤマハ YZF-R25
ヤマハ 新型YZF-R25(2019│インドネシア仕様)二気筒27[36]/12,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)有169,無166(kg)2,090×730×1,140(mm)1,380(mm)780(mm)-14(L)-ヤマハ 新型YZF-R25(2019│インドネシア仕様)
ヤマハ MT-25二気筒27[36]/12,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)無165(kg)2,090×745×1,035(mm)1,380(mm)780(mm)37.7(km/L)14(L)534,600~(円)ヤマハ MT-25
カワサキ Ninja250(2018)二気筒27[37]/12,500(kW[PS]/rpm)23[2.3]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)有166(kg)1,990×710×1,125(mm)1,370(mm)795(mm)37.0(km/L)14(L)629,640~(円)カワサキ Ninja250(2018)
カワサキ Ninja250(2017)二気筒23[31]/11,000(kW[PS]/rpm)21[2.1]/8,500(N・m[kgf・m]/rpm)有174,無172(kg)2,020×715×1,110(mm)1,410(mm)785(mm)40.0(km/L)17(L)553,500~(円)カワサキ Ninja250(2017)
カワサキ Z250二気筒23[31]/11,000(kW[PS]/rpm)21[2.1]/8,500(N・m[kgf・m]/rpm)有170(kg)2,015×750×1,025(mm)1,410(mm)785(mm)38(km/L)17(L)553,500~(円)カワサキ Z250
スズキ GSX250R二気筒18[24]/8,000(kW[PS]/rpm)22[2.2]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)無178(kg)2,085×740×1,110(mm)1,430(mm)790(mm)41.0(km/L)15(L)527,040~(円)スズキ GSX250R
ホンダ CB250R単気筒20[27]/9,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/8,000(N・m[kgf・m]/rpm)有144,無142(kg)2,020×805×1,050(mm)1,355(mm)800(mm)44.5(km/L)10(L)503,280~(円)ホンダ CB250R
スズキ ジクサー(154cc)単気筒10[14]/8,000(kW[PS]/rpm)14[1.4]/6,000(N・m[kgf・m]/rpm)無135(kg)2,005×785×1,030(mm)1,330(mm)785(mm)58.8(km/L)12(L)321,840~(円)スズキ ジクサー(154cc)
ホンダ CBR250R(2017生産終了)単気筒21[29]/9,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/7,500(N・m[kgf・m]/rpm)有164,無161(kg)2,035×720×1,120(mm)1,380(mm)780(mm)50.1(km/L)13(L)498,960~(円)ホンダ CBR250R(2017生産終了)
ホンダ CB250F(2017生産終了)単気筒21[29]/9,000(kW[PS]/rpm)23[2.3]/7,500(N・m[kgf・m]/rpm)有161,無158(kg)2,035×760×1,045(mm)1,380(mm)780(mm)50.1(km/L)13(L)464,400~(円)ホンダ CB250F(2017生産終了)
カワサキ Ninja250SL(2017生産終了)単気筒21[29]/9,700(kW[PS]/rpm)22[2.2]/8,200(N・m[kgf・m]/rpm)有151,無149(kg)1,935×685×1,075(mm)1,330(mm)780(mm)43.0(km/L)11(L)459,000~(円)カワサキ Ninja250SL(2017生産終了)
カワサキ Z250SL(2017生産終了)単気筒21[29]/9,700(kW[PS]/rpm)22[2.2]/8,200(N・m[kgf・m]/rpm)有148(kg)1,935×700×1,015(mm)1,330(mm)785(mm)39.0(km/L)11(L)437,400~(円)カワサキ Z250SL(2017生産終了)
ホンダ VTR(2017生産終了)二気筒22[30]/10,500(kW[PS]/rpm)22[2.2]/8,500(N・m[kgf・m]/rpm)無160(kg)2,080×725×1,055(mm)1,405(mm)755(mm)40.0(km/L)12(L)598,320~(円)ホンダ VTR(2017生産終了)
ホンダ VTR Type LD(2017生産終了)二気筒22[30]/10,500(kW[PS]/rpm)22[2.2]/8,500(N・m[kgf・m]/rpm)無160(kg)2,080×725×1,045(mm)1,405(mm)740(mm)40.0(km/L)12(L)609,120~(円)ホンダ VTR Type LD(2017生産終了)
ホンダ VTR-F(2017生産終了)二気筒22[30]/10,500(kW[PS]/rpm)22[2.2]/8,500(N・m[kgf・m]/rpm)無163(kg)2080×725×1,115(mm)1405(mm)755(mm)40.0(km/L)12(L)619,920~(円)ホンダ VTR-F(2017生産終了)

※”車両重量欄”の「有」、「無」は ABSの有無を表します。

スポーツタイプと一口に言っても、フルカウルをまとったもの、カウルレスの“ストリートファイター”と呼ばれるもの、ハーフカウルを装着したものと、スタイルは様々です。

 

フルカウルモデルは高い空力性能を持ち、トップスピードが高いのが特徴。

現行の250ccフルカウルスポーツはいずれもサーキット走行を楽しむことが可能なポテンシャルを秘めており、その見た目から「250ccスーパースポーツ(SS)」と呼ばれることもあります。

このジャンルは、2008年の「カワサキ Ninja250R」の登場以降、“現在最も勢いのあるジャンル”でもあります。

詳しくはこちら↓

 

現在このジャンルを代表するのは「ホンダCBR250RR」と「ヤマハ YZF-R25」、「カワサキ Ninja250」の3車種。

もともと250㏄フルカウルと言えば“街中を気軽に走れるカッコいいバイク”というニュアンスが強かったように感じますが、「YZF-R25」の登場以降は一転して本格的にスペック至上主義の流れにシフトしつつあるようにも見えますね。

もちろん、より本格的なミドルクラスやリッタークラスのSSと比べれば、圧倒的に街乗りにもマッチします。

 

250ccクラスにおけるストリートファイターモデルは、主に上記のフルカウルスポーツモデルからカウルを取り払った兄弟車という位置付け。

基本的にエンジン性能や足回りなどの仕様はフルカウルモデルと変わりないことが多いですが、カウルを外した分わずかに車体が軽いのが特徴で、その反面風防面や空力面ではやや劣ります。

また、ストリートファイターモデルにはバーハンドルが採用されていることが一般的で、乗車姿勢はフルカウルスポーツと比べるとややマイルドとなり、より街乗りに適している傾向にあります。

 

ちょっと特殊なのが「スズキ ジクサー」。

154ccということもあって、他の250㏄と同等の車格でありながら価格がかなり低いので、パワーより価格にこだわる人、また初めてのバイクとしてもおすすめの1台と言えます。

 

ヤマハ YZF-R25

YZF-R25

引用元:フォトライブラリー::YZF-R3/YZF-R25 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

人気の高かった先代Ninja250の対抗馬としてヤマハから送り出されたのがこの「YZF-R25」です。

YZF-R25は、当時絶大な人気を誇っていた「先代Ninja250」の対抗馬としてデビューしましたが、よりスポーツ向けに振られたスペックが話題を集めました。

今や後発組のCBR250RRや現行Ninja250などと比べるとやや控えめなスペックに感じられますが、それでも十分にスポーティーな走りが可能です。

モデル末期と言うこともあって“コスパに優れる1台”でもあります。

良質な中古車も豊富。

 

詳しくはこちら↓

 

新型YZF-R25の国内発売が正式発表!

ヤマハ YZF-R25(2019インドネシア)

引用元:広報発表資料│ヤマハ発動機株式会社

YZF-R25は2019年型に新型に切り替わることが発表されており、2018年10月にインドネシアで発売され、日本国内でも2019年に発売されることが正式にアナウンスされています。

また、「YZF-R3 ABS」「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」は、来春以降に日本での発売を予定しています。

引用元:広報発表資料│ヤマハ発動機株式会社

公式リリースによると主な特徴は次の3点。

  1. エアロダイナミクスを追求した新外観
  2. 旋回時などの良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンション
  3. 視認性の高いフルデジタルメーター

 

フロントビューは大きく変わりましたが、エンジンやフレームの変更はなく、よく見るとテールデザインやホイール、マフラーなども変化なし。

しかし、ライバルCBR250RRと同じφ37の倒立式フロントサスペンションを採用したことで、走りのレベルは向上しているはず。

ハンドル位置も従来より22mm低くなり、ライディングポジションもよりアグレッシブなものに変化。

いずれも諸元表からは見えにくい部分ですが、確実にスポーツ性能が向上する方向性と言えます。

新型YZF-R25もコストパフォーマンスの高い1台となりそうですね。

 

ホンダ CBR250RR

ホンダ CBR250RR引用元:デザイン│CBR250RR│Honda

2017年にデビューした「ホンダ CBR250RR」。

文句なしの装備とスポーツ性能を誇り、新車価格が80万に迫る高値にも関わらず、好調な売れ行きを記録しました。

「スロットルバイワイヤ(電子制御式スロットル)の採用によって3つのモード選択を可能にしています。

性能に加えて細部のクオリティも断トツで、ライバルの追随を許しません。

資金さえ問題にならなければCBR250RRは間違いのない選択肢と言えます。

詳しくはこちら↓

 

カワサキ Ninja250(2018年発売)

カワサキ Ninja250 KRT Edition

引用元:Ninja 250‣Ninja 250 KRT Edition│株式会社カワサキモータースジャパン

2018年にデビューした現行Ninja250は、先代モデルと比べて大幅にパワーアップを果たしました。

エンジンからフレームまで完全新設計のニューマシンは約7kgも軽量化。

400ccとも車体を共通しています(実はNinja400も軽量スポーツとしてかなりおすすめ)

スペック上はライバルの「CBR250RR」と比べてそん色有りませんが、スイングアームやフロントフォークなどの細かな装備の違いで価格を大きく抑えています。

コスパ重視の人にとってはありがたい選択肢となるはず!

詳しくはこちら↓

 

ホンダ CB250R(2018年発売)

CB250R main-01

引用元:デザイン│CB250R│Honda

2018年3月8日、ホンダ「CB250R」の国内展開が発表されました。

「日常の移動を遊びに変える “SPORTS ROADSTER” 」を開発コンセプトとし、運動性能の最大化を目標に、軽量化とマス集中化を図りながら、市街地から郊外のワインディングロードまで楽しめる特性のパワーユニットを搭載。足回りは上質なライディングフィールを追求しました。

引用元:Honda│軽二輪ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」を発売

発売日は2018年5月22日で、価格は税込みで503,280円(ABSモデルは554,040円)。

2017年に生産終了となった単気筒モデル「CBR250R」及びストリートファイターモデルの「CB250F」と比べると、排ガス規制の関係かややパワーを抑えられた印象ですが、車重が圧倒的に軽くなっています(CB250Fと比べて16~17kgほども軽量)。

丸型ヘッドライトはLEDライトが内蔵されたタイプで、伝統的な形状でありながらどこかモダンなストリートファイターっぽさを感じさせます。

横から見ると重量物が中心に寄ったようなデザインをしており、スペック以上に操作性が高そうですね。

 

カワサキ Ninja 250SL(生産終了モデル)

カワサキ Ninja 250SL

引用元:Ninja 250SL・Ninja 250SL ABS KRT Edition│株式会社カワサキモータースジャパン

「カワサキ Ninja 250SL」はすでに生産が終了しましたが、単気筒のメリットを最大限活かした生粋のスポーツモデルとして高い評価を得ています。

とにかくその軽さがウリで、ステージ次第ではCBR250RR、YZF-R25、Ninja250といった二気筒250ccスポーツを凌駕することも。

販売店に在庫があればまだ新車として手に入れることも可能ですから、コストをかけずに250ccスポーツを楽しみたい人には特におすすめできます。

 

ホンダ VTR(VTR250)(生産終了モデル)

ホンダ VTR Spetial Edition引用元:デザイン│VTR│Honda

VTRはストリート系ネイキッドというよりはスポーツ系ネイキッドに近いと考え、こちらにまとめました。

突出した速さはありませんが、Vツインならではの滑らかなトルクによって低回転から高回転まで扱いやすい特性を持ち、初心者にも自信を持っておすすめできる1台です。

しかし何といってもVTR最大の特徴はその堅牢さで、バイク便に採用されていることからも信頼性の高さがうかがえますね。

管理人も画像の「Spetial Edition(実質の最終モデル)」を所有していますが、とにかく扱いやすくてどこを走ってもバイクを操縦する楽しさを味わえます。

シートが低くステップが高いため、膝周りはやや窮屈。

背が高い人、足が長い人にはあまり向かないかもしれませんが、逆に背が低い人にとっては足つきも良く、おすすめできます。

 

スポンサーリンク

250ccバイク│アドベンチャー・ツアラータイプの一覧と比較【2019】

スズキ Vストローム250

引用元:壁紙ダウンロード│スズキ バイク

メーカー及び車名気筒数最高出力最大トルク車両重量全長×全幅×全高軸間距離シート高定地燃費値(60km/h 2名乗車時)燃料タンク容量メーカー希望小売価格
 
外観
ホンダ CRF250 RALLY単気筒18[24]/8,500(kW[PS]/rpm)23[2.3]/6,750(N・m[kgf・m]/rpm)有157,無155(kg)2,210×900×1,425(mm)1,455(mm)895(mm)44.3(km/L)10(L)有702,000~(円)
無648,000~(円)
ホンダ CRF250 RALLY
ホンダ CRF250 RALLY Type LD単気筒18[24]/8,500(kW[PS]/rpm)23[2.3]/6,750(N・m[kgf・m]/rpm)有156,無154(kg)2,175×900×1,360(mm)1,430(mm)830(mm)44.3(km/L)10(L)有702,000~(円)
無648,000~(円)
ホンダ CRF250 RALLY Type LD
スズキ Vストローム250二気筒18[24]/8,000(kW[PS]/rpm)22[2.2]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)無188(kg)2,150×880×1,295(mm)1,425(mm)800(mm)39.0(km/L)17(L)570,240~(円)
 
スズキ Vストローム250
カワサキ VERSYS-X 250二気筒24[33]/11,500(kW[PS]/rpm)21[2.1]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)有175(kg)2,170×860×1,390(mm)1,450(mm)815(mm)30.0(km/L)17(L)629,640~(円)
 
カワサキ VERSYS-X 250
カワサキ VERSYS-X 250 TOURER二気筒24[33]/11,500(kW[PS]/rpm)21[2.1]/10,000(N・m[kgf・m]/rpm)有183(kg)2,170×940×1,390(mm)1,450(mm)815(mm)30.0(km/L)17(L)683,640~(円)
 
カワサキ VERSYS-X 250 TOURER
ヤマハ セロー250(2018)単気筒14[20]/7,500(kW[PS]/rpm)20[2.1]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)無133(kg)2,100×805×1,160(mm)1,360(mm)830(mm)39.0(km/L)17(L)564,840~(円)
 
ヤマハ セロー250(2018)
ヤマハ ツーリングセロー(2018)単気筒14[20]/7,500(kW[PS]/rpm)20[2.1]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)セロー250+αセロー250+α1,360(mm)830(mm)39.0(km/L)17(L)619,920~(円)
 
ヤマハ ツーリングセロー(2018)

250ccに限らず、今ブームとなりつつあるのがこの「アドベンチャーツアラー」と呼ばれるジャンルのバイクです。

大排気量のアドベンチャーツアラーはツーリングに適した豪華な装備や充実した電子制御が特徴的ですが、250ccの場合は「250ccなのに“快適に”長距離ツーリングができる」というキャラクター付けこそが最大の特徴と言えるのではないでしょうか。

昨今流行のアウトドア用途にも持ってこいです。

 

車体も大がらで、どれも一見250ccには見えない迫力を持ちます。

大型バイクと比べれば派手な電子制御こそないものの、車体にマッチする大型のウインドウスクリーンは長距離走行時の疲労を軽減してくれますし、道を選ばない走破性はツーリングの幅を広げてくれること間違いなしです。

新型の「ヤマハ セロー250」及び「ヤマハ ツーリングセロー」も似た能力を持つため、ここで一緒にまとめてみたいと思います。

 

このジャンルのバイクで重視したい項目の一つに航続可能距離が挙げられます。

各車の燃費(WMTCモード値 1名乗車時)とタンク容量、それらから求められる航続可能距離は次の通り。

  • CRF250 RALLY  燃費33.1km/L タンク容量10L 航続可能距離 約331km
  • Vストローム250 燃費32.5km/L タンク容量17L 航続可能距離 約552.5km
  • VERSYS-X 250  燃費24.8km/L タンク容量17L 航続可能距離 約421.6km
  • セロー250    燃費38.7km/L タンク容量9.3L 航続可能距離 約359.9km

アドベンチャーツアラーについてはこちらの記事↓でもう少し細かくまとめています。

 

以下にそれぞれの特徴を簡単にご紹介。

 

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250 01引用元:壁紙ダウンロード│スズキ バイク

「Vストローム250」の魅力の一つが航続可能距離の長さ。

なんとスペック上はの航続可能距離は552.5km(!)という驚きの数値です。

価格も安くて経済的ですし、アドベンチャーらしい見た目もGood。

各種積載装置の拡張性も高く、市街地からちょっとしたツーリングまで幅広くこなします。

後述のライバルと比べてもコスパの高さはピカイチと言えます。

 

ホンダ CRF250 RALLY

ホンダ CRF250RALLY(ABS) 02

引用元:デザイン│CRF250 RALLY│Honda

「CRF250 RALLY」はベースがオフロード車ということもあり、タンク容量が控えめなものの、軽い車体と高い走破性が魅力です。

燃費が良いのもGood.

見た目の割に車体も大きく、近くで見るとかなり迫力があります。

特徴的なデュアルライトによる個性的な見た目は、このクラスでは唯一無二の存在感を放ちます。

 

カワサキ VERSYS-X 250/VERSYS-X 250 TOURER

カワサキ VERSYS-X 250 TOURER メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン引用元: VERSYS-X 250 TOURER・VERSYSVERSYS-X 250│株式会社カワサキモータースジャパン

「VERSYS-X 250」は先代Ninja250譲りのパワフルな走行性能が持ち味です。

ちょっとしたワインディングも楽しめるスポーティーさを持っています。

その分ライバルと比べると高回転寄りなので、やや燃費は悪めです。

また、「VERSYS-X 250 TOURER」という豪華装備版の存在も見逃せません。

こちらはパニアケースが標準装備されている影響もあるでしょうが、250ccにしては車格も大きく、価格にも納得できるだけの高級感を感じることができるはず。

 

ヤマハ セロー250(2018年発売)

ヤマハ セロー250(2018)

引用元:フォトライブラリー:セロー250 – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

新型セロー250は2018年8月31日に発売されました。

新型と従来型の違いは次の通り。

  • 最高出力(14kW[18ps]/7,500rpm→14kW[20ps]/7,500rpm
  • 最大トルク(18N・m[1.9kgf・m]/6,500rpm→20N・m[2.1kgf・m]/6,500rpm
  • 車両重量(130kg→133kg
  • 価格(507,600円→564,840円
  • 外観(リアフェンダーの形状変更、テールランプのLED化)

外観はリアフェンダー周りの形状がわずかに変化しただけですが、排ガス規制に適合するための生産終了でしたから、エンジン性能が向上したのは意外でした。

この辺りは新型を待っていた人にとってはうれしい誤算だったかもしれませんね。

車重が大きくなってしまってはいますが、3kg程度であれば騒ぐほど乗り心地には影響しないものと思われます。

 

「セロー250」はありとあらゆる道を走破することが可能な“マウンテン・トレール”と呼ばれるバイクです。

その魅力は何と言っても扱いやすさと汎用性の高さにあります。

林道、砂利道はもちろん、舗装路においてもちょっとしたワインディングもソツなくこなす万能っぷり。

旅バイクとしてのポテンシャルもかなりのものです。

足つきが良く耐久性もなかなかなので、初心者にもおすすめできる1台です。

 

今回新たに設定された「ツーリングセロー」は、ワイズギヤ製の「アドベンチャースクリーン」、「ハンドルガード」、「アドベンチャーリアキャリア」に「アルミアンダーガード」が標準装備されたモデル。

詳しくはこちら↓

 

スポンサーリンク

250ccバイク│ストリート・トラッカータイプの一覧と比較【2019】

ホンダ レブル250 02

引用元:デザイン│Rebel250│Honda

メーカー及び車名気筒数最高出力最大トルク車両重量全長×全幅×全高軸間距離シート高定地燃費値(60km/h 2名乗車時)燃料タンク容量メーカー希望小売価格外観
ヤマハ トリッカー(2019)単気筒14[20]/7,500(kW[PS]/rpm)20[2.1]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)127(kg)1,980×800×1,145(mm)1,330(mm)810(mm)45.2(km/L)7.0(L)467,640~(円)ヤマハ トリッカー(2019)
ホンダ レブル250単気筒19[26]/9,500(kW[PS]/rpm)22[2.2]/7,750(N・m[kgf・m]/rpm)有170,無168(kg)2,190×820×1,090(mm)1,490(mm)690(mm)46.5(km/L)11(L)537,840~(円)ホンダ レブル250
ホンダ FTR(生産終了)単気筒12[16]/7,000(kW[PS]/rpm)18[1.8]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無128(kg)2,080×910×1,115(mm)1,395(mm)780(mm)43.0(km/L)7.2(L)421,200~(円)ホンダ FTR(生産終了)
ホンダ CB223S(生産終了)単気筒12[16]/7,000(kW[PS]/rpm)18[1.8]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無135(kg)2,100×780×1,110(mm)1,395(mm)780(mm)41.0(km/L)11(L)430,920~(円)ホンダ CB223S(生産終了)
スズキ グラストラッカー(生産終了)単気筒14[19]/7,500(kW[PS]/rpm)21[2.1]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無136(kg)2,050×900×1,130(mm)1,325(mm)750(mm)48.0(km/L)8.4(L)430,920~(円)スズキ グラストラッカー(生産終了)
スズキ グラストラッカー ビッグボーイ(生産終了)単気筒14[19]/7,500(kW[PS]/rpm)21[2.1]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無139(kg)2,200×910×1,145(mm)1,405(mm)790(mm)48.0(km/L)8.4(L)463,320~(円)スズキ グラストラッカー ビッグボーイ(生産終了)
スズキ ST250(生産終了)単気筒14[19]/7,500(kW[PS]/rpm)21[2.1]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無146(kg)2,070×750×1,075(mm)1,375(mm)770(mm)48.0(km/L)12(L)484,920~(円)スズキ ST250(生産終了)
スズキ バンバン200(生産終了)単気筒12[16]/8,000(kW[PS]/rpm)15[1.5]/6,500(N・m[kgf・m]/rpm)無128(kg)2,140×865×1,125(mm)1,375(mm)770(mm)51.5(km/L)6.5(L)437,400~(円)スズキ バンバン200(生産終了)
カワサキ ESTRELLA(生産終了)単気筒13[18]/7,500(kW[PS]/rpm)18[1.8]/5,500(N・m[kgf・m]/rpm)無161(kg)2,075×755×1,055(mm)1,410(mm)735(mm)39.0(km/L)13(L)536,760~(円)カワサキ ESTRELLA(生産終了)

残念ながらこのタイプのバイクを新車で手に入れることはかなり難しくなってしまいました。

ですが、まだまだ良質な中古車両を見つけることが可能です。

もともと価格も控えめなジャンルなので、“状態が良いお買い得車”を手に入れられるかもしれません。

 

このタイプのバイクはスピードを競うような走りには向いていませんが、どれもまったり街中を走るには良いバイクばかりです。

個人的には車体色によって見え方が変わるバイクが多いように思います。

「ホンダ FTR」の白(トワイライトグレー)なんかは個人的にツボ。

ホンダ FTR引用元:Honda│バイク│FTR│タイプカラー

 

ヤマハ トリッカー(2018年発売)

ヤマハ トリッカー(2018)

引用元:トリッカー – バイク・スクーター│ヤマハ発動機株式会社

先述のセロー250に続き、トリッカーの新型も2018年に発売されています。

新型と従来型の違いは次の通り。

  • 最高出力(14kW[18ps]/7,500rpm→14kW[20ps]/7,500rpm
  • 最大トルク(18N・m[1.9kgf・m]/6,500rpm→20N・m[2.1kgf・m]/6,500rpm
  • 車両重量(125kg→127kg
  • 価格(427,600円→467,640円

この他、60km/h定地走行時の燃費は39km/L→45.2km/Lと大きく伸びています。

タンク容量は7.2L→7.0Lと減少しましたが、走行可能距離は増えていますね。

セロー250と同様、全体的にスペックアップして帰ってきましたが、やはりお値段もグレードアップ。

お手軽さがウリの一つなだけあって、まだまだ50万円を超える気配はなさそうですが、250ccバイクは全体的にどんどん高額になっていますね。排ガス規制め。

重量は2kg増えてしまいましたが、それでも遊べる250ccバイクの筆頭であることに変わりはありません。

外観はカラーリングを除けば2017年モデルとほとんど違いがありません(キャニスターが付いたくらい)。

「都会の似合う遊べるバイク」が欲しければ、トリッカーは必ず選択肢に挙がるはず。

 

ホンダ レブル250

ホンダ レブル250引用元:デザイン│Rebel250│Honda

2017年にデビューしたばかりの「ホンダ レブル250」はどちらかというとクルーザー(アメリカン)よりな乗車姿勢の1台。

250ccアメリカンはドラッグスター250の生産終了でほぼ全滅状態ですので、こちら↓にまとめさせていただきました。悲しい・・・。

 

リアフェンダーの形状などからクラシカルな印象を受ける人も多いかもしれませんね。

単気筒でのんびり走るのに最適かと思いきや、意外と高回転型のキャラクターなのが特徴で、エンジンを回してその気になれる、実際にスポーティーな乗り味も楽しめる1台です。

フレームを共有する兄弟車に「レブル500」もラインナップされています。

 

2019年モデルは従来色の「グラファイトブラック」(左上)、「マットアーマードシルバーメタリック」(右上)に加え、「パールカデットグレー」(左下)と「マットフレスコブラウン」(右下)の2色が新設定。

計4色となり選択肢が豊富に↓(レモンアイスイエローはなくなりました)

ホンダ レブル250 2019カラー4色

引用元:タイプ・価格│Reble250│Honda

 

クラシカルなバイクも豊富

「ホンダ CB223S」、「スズキ ST250 Eタイプ」、「カワサキ エストレヤ」あたりはクラシカルな雰囲気も人気のバイク。

おしゃれなバイクにまたがってのんびり“トコトコ”走るのもバイクの楽しみ方の一つです。

このジャンルは見た目が気に入ればまさに“買い”な選択肢と言えます。

ESTRELLA Special Edition & VTR Spetial Edition左がVTR Spetial Edition、右がエストレヤ Spetial Edition(いずれも2017年に生産終了

 

これらを候補にしたときに、一つ上のクラスの「ヤマハ SR400」を検討する人も多いかもしれませんね。

SR400は車検はあるものの、車格や動力性能は250ccバイクに近いものがあります。

のんびり走る系のバイクですね。

2018年復活の「新型SR400」の情報はこちら↓

 

スポンサーリンク

あとがき│見た目で気に入ったモデルがあれば250ccバイクはかなりおすすめ!

オフロードやモタードは一部を除いて今回は省略させていただきましたが、買い替えの検討などに少しでもお役立ていただけると幸いです。

 

管理人は2017年初頭にVTRを購入しましたが、それまで約2年間も何に乗り換えるか迷っていました。

当時はYZF-R25が出たばかりで先代のNinja250と比較検討したり、そのうちYZF-R25の派生モデルMT-25や単気筒スポーツのNinja250SL、Z250SLまで気になりだし、極めつけはCBR250RRの噂が流れ始めて手が出せなくなり・・・。

でもあれだけ悩んでいたのに、結局CBR250RRの登場も待たずにVTRを購入してしまいました(契約は2016年11月)。

 

実質のファイナルエディションとなった「Special Edition」に一目ぼれしてしまったんですよね(笑

生産終了になるという噂や、そのタイミングで10年落ち約3万キロのオンボロマグザムに新車価格の10%以上も出してくれると言うバイク王さんにも後押しされる形となりましたが(笑

詳しくはこちら↓

 

そして、結果論ですが見た目はとても大切でした。

250ccのくせにバッチリ所有欲を満たしてくれていますからね。

性能重視だと上には上がいますから、こうはいかなかったかもしれません

こんなまとめをしておいて何言ってんだって感じですが、もし見た目の気に入った250ccバイクに出会えたらラッキーだと思った方が良いかもしれません。

中身も魅力的なバイクが勢ぞろいですし、排気量やスペックから解放されて心が軽くなりますよ(笑

 

とはいえ、バイクを選んでいるときってスペックを比較するだけでも楽しいんですよね。

旅行は計画しているときが一番楽しいと言う人がいますが、それに近いかもしれません。

乗り換えを考えている人は存分にバイク選びを楽しんでください♪

 

排気量別まとめ一覧↓

コメント